はやぶさCOFFEE

2015年に出産した男の子「パンくん」との日々をつらつらと書いています。 hayabusacoffee@gmail.com

ワーママの罪悪感と、完璧主義。

私の仕事は基本的に土日休みで

土日に出勤することはほとんどないのですが、

今日は、イベントのため、1年に1~2回あるかないかの土曜日出勤でした。

しかし、イベント時は自由意志での出勤。

つまり無給です。

 

 

隣の部署のワーママさんは二人ともお休み。

ワーママだけでなく、他にも出勤していない人はたくさんいました、、、。

 

それを、私は行くまで知らず、

夫に息子を預け、猛暑の中、1時間半かけて出勤しました

 

しかし、無給にも関わらず、集まった人数が

リーダーの予測より多かったためなのか、なんなのか、

私のポジションの仕事がまるごとカットされていました。行って、初めて知りました。

 

つまり用無しというわけです。

 

 

 人数なんて事前に把握していたのだから

リーダーちゃんとしてください、

と、モヤモヤしてしまいました。

(でも相手も自由出勤のうえにリーダーしてると思うと文句も言えない)

 

 

でも帰れない。

家ではイヤイヤ期の息子、パンくんと夫がふたりきり。

f:id:hayabusacoffee:20170722224845j:plain

せっかくの土日、家族で過ごしたい。

仕事があれば別だけど

仕事も無く、

「いったい何しに来たんだ」状態になりました。

 

1時間半、汗びっしょりかいて

通勤したことがバカバカしくなるくらい

気持ち的には「あーあ」といった気持ちでいました。

 

でも帰れない。

 

 

自分の仕事は無くなったけど、

自分から買って出て、他の人の仕事を手伝うこともやろうと思えばできるし、

猛暑の中イベントに精を出している、他部署の方を見ていたら、

帰れない気持ちになりました。

 

 

これが、正式な勤務日だったら、

休暇申請して、帰ることもできたかもしれないけど、

ボランティアだから、なおさら、

出勤している人のことを考えたら帰れなくなってしまいました。

 

 

結局帰った。けど、残る罪悪感

けれど、

私の状況を見た同期数人が、

「いきなり仕事なくなるとか、怒っていいよ」

「帰っていいよ」

と言ってくれたので

結果的には帰ることにしました。

2時間ほどはなんとか仕事を見つけて頑張りましたが帰りました。

ええ、悶々と悩んでも、結果的には帰ったのです。

 

 

帰ることを

誰にも咎められなかったし

帰る途中で

「パンが珍しく、全然寝ずに昼寝から起きちゃった。」

という夫からのLINEを呼んで

 

 

仕事に来た意味はなかったけど

家に帰る意味はある、

と正当化しようとしました  が、

 

1時間半の帰り道

私は罪悪感でいっぱいでした。

 

仕事における完璧主義。

帰りの電車で私が何を考えていたかというと

  • A上司やB先輩にも声をかけて出てきたけど、内心どう思っていたんだろう
  • やることなくてなんとなく過ごしたとしても、残った方が気持ち的に楽だったんじゃないか
  • そもそも、最初から他のワーママと同じように「子どもが居るので出勤できません」にしておけばよかった
  • イベントに来た人たちに、会っておくべき人がいたかもしれない
  • こういうとき、結果的に帰っちゃう私って、やっぱりこの仕事合ってないんだろうな
  • やっぱり私って私利私欲が強くて、無給だと、働く気起きないんだな
  • 無給なのに、あんなに頑張れる同僚たちは、私と人種が違う

 

などとゆう、半分思い込みに近いことを

ウダウダウダウダ考えて

 

途中で「えええええーーーーーい!やめい!ここで罪悪感感じたって、結果変わらないんだから!っていうか、自分を慰めたいがために罪悪感に浸ってるんでしょう!」

考えるのを止めにしました。

 

 

育児は完璧じゃなくても許せるのに。

育児に関しては、本当に大雑把で、神経質とか完璧主義とは対局な私。

先日夫にも「基本的に行動が豪快だよね」と言われたほどです、、、('_')

行動が豪快ってなんだよ。

 

だから育児関係で

「あのとき、ああしてしまった!」とか

「あの判断は間違っていたんじゃないか」

「周りの人にどう思われたかな」とかは

まーーーーーったく悩まないのですが、

 

仕事になると、ダメ。

 

変な完璧主義、

完璧でなければいっそ壊したいという性格

0か100な性格をどうにかしたい。

育児と仕事を両立している時点で

どちらも100なんて無理、どちらかを0にすることなんて無理だとわかっているのに

 

0か100を、求めてる。

 

グレーとか、

曖昧さとか

中途半端とか

 

そういうのを少しでも愛せるようになりたいな。

 

と思った日。

 

帰ったらニコニコなパンくんでした。

f:id:hayabusacoffee:20170722225415j:plain

ランキング参加しています(*^_^*)応援ありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村 

 

読み聞かせをしない母親の功罪。

かなーり昔の記事ですが

以前、「読み聞かせがうまくいかない」ことをブログに吐露しました。

絵本の読み聞かせに対するモチベーションが・・・・。 - はやぶさCOFFEE

この記事では最後に

「私が再度、乗り気になるまで、読み聞かせはお預けっ☆」てなかんじで調子よく締めてますが、、

 

読み聞かせ熱が再熱することはなかった。

はい。絵本の読み聞かせ、ほんとにズーーットしてきてません。

まず、始めるのが早すぎた、というのも原因の1つですが

それ以降も

「自分でページをめくりたがったり」

「最初の2ページで飽きる」

ことが本当に多くて

 

「読み聞かせ、なんか微妙かも」

とか思ったら、気づいたら全然やらなくなっていました。

 

f:id:hayabusacoffee:20170719222436j:plain

 保育園で見た不思議な姿

時は経ち、

保育園に入園して、

一度用事のためにパンくんを早めに迎えに行ったときがあったのですが、

そこで不思議な光景を見ることになります。

 

子供たちが皆それぞれ絵本を持ってパラパラパラパラやってるんです。

どの先生も忙しそうに、子供の着替えや、お昼寝の布団を片づけ、午後のおやつの用意している時間、

待っている子たちは、

ひとりひとり、勝手に絵本を読む時間

が与えられているようでした。

 

たくさんの絵本が

床に無造作に置かれ、

皆、

1つの絵本をパラパラし終わったら

そのへんに転がってる別の本をパラパラー

必死にめくってる子もいれば

ゴロンとしてボーっとしてる子も。

 

保育園×絵本

と言ったら、保育士さんの読み聞かせを当たり前のように連想してしまっていたので、

「それぞれ勝手に読んでていいよ」という時間が、

時間として設定されているのが面白かったです。

 

絵本=読んでもらうもの、じゃない

●母に読み聞かせしてもらえない

●保育園で、勝手に読んでていいよ時間がある(読み聞かせは、ちゃんと別の時間にやってもらっているけれど)

 

そういう環境に置かれて、

パンくんにとって、絵本は

「読んでもらうもの」ではなく

「自分で読むもの」「自分でめくって楽しむもの」という位置づけになった模様。

 

よく遊んでるなーと思って、家事をしていて、

ハッと気づくと

一人でもくもくと絵本を読んでいたり

 

f:id:hayabusacoffee:20170719220005j:plain

f:id:hayabusacoffee:20170719220108j:plain

テレビを見ていて、新幹線や働く車が出てくると「あーー!!」と言って

ダッシュで

本棚から、「おとこのこひゃっか(最近のお気に入り)」や

おとこのこひゃっか (0~3さいまでまるごと!)

おとこのこひゃっか (0~3さいまでまるごと!)

 

 

こどもちゃれんじの本を取ってきて

照らし合わせてフムフムと満足していたりします。

 

f:id:hayabusacoffee:20170719215907j:plain

 

満面の笑みで本を持ってくるから

「読んで欲しいの?」

と読み聞かせしようとすると

「そうじゃない」

私の手に絵本をしっかり持たせて、「たーしゃんのー!!(おかあさんのー!)

自分は自分で別の絵本を読み始めます。笑

 

f:id:hayabusacoffee:20170719220751j:plain

私はまだできないが、夫は一緒に別々の読書ができる猛者。

 

読み聞かせはやっぱり大事と思うけれど

絵本は自分で好きにめくって楽しむだけでなく

ストーリー

親子のコミュニケーション

を楽しむ、深めるのに最適で

 

そのためには

やっぱり読み聞かせってすごく大事だなぁって思います。

 

私自身も、

親に毎晩、物語の読み聞かせをしてもらったことで

お話の面白さを知って、今の読書好きの性格を形成した部分もあると思います。

 

 

いまだにうまく読み聞かせられない

私の読み聞かせをあまり聞こうとしてくれない

パンくんと私の読み聞かせ(できない)ライフ

もったいない部分や

これで良いのかな

っていうかダメだろうなぁ~と思うところもあります。

 

でも、

読み聞かせ全然してこなかった結果

 

自分ひとりで、好きに本を楽しみ

自分から本を開こうとする姿が出てきた

という点では、

悪い部分だけじゃないよね?

と、

できなかったこと、してやれてこなかったことも、少し肯定的に捉えられるようになりました。

f:id:hayabusacoffee:20170719221918j:plain

一見、夫が読み聞かせしているように見えるが、それぞれ別々の本を読んでいる。

 

もう少し理解が進んで

お話として絵本が楽しめるようになったら

また読み聞かせも楽しめるのかな?

と期待も込めて。

 

ランキング参加しています。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村 

FXと、レーシック。ブログの可能性の話。

貴重な体験をしました。

前回の記事で、

「レーシックについての体験談、コメント、メールください!!」

と恥を忍んで、投げかけました。

www.hayabusacoffee.com

 記事を投稿した後も

誰からもコメント来なかったらどうしよう

と密かに心配していました。謙遜でなく、本当に。

 

しかし!!、たくさんの方からコメントをいただき

はじめましての方からもコメントをいただき

なんと、メールをくださった方もいたんです。

私、本当に本当に感動しました(;_:)(;_:)(;_:)(;_:)(;_:)

 

 

ブログやっていてよかったな、と思いました。

今まで記事を書き続けてきた中で、

その中の数人の読者の方に、

「この人の力になってあげたい」と少しでも思っていただけたこと。

そして、自分の中に

読者の方への信頼が大きく芽生えていることに気づきました。

 

本当にありがとうございます。(;_:)(;_:)(;_:)(;_:)

これからも書き続けていく活力にもなりました。本当に本当にありがとうございます!

 

リアルな体験談。

今回、レーシックをやってみてよかった!という方のコメントが多くて

ネットでレーシックに関わる怖い話ばかり見てきた私には

にわかに信じられないことでした。(もっと「やめといたほうがいいよ!」というコメントが来ると予想していた。)

 

でも、「自分は成功したけれど、リスクはあるから注意深く。」と、

リスクへの注意をしてくださった方も多くて

レーシックに関わらず

人間に対する手術なわけですから

絶対安全なんて、ありえない。ということを

うん本当当たり前なんだけど、でも、改めて、その当たり前のことを認識しました。

 

むしろ、

成功した方だからこそ

「自分が成功したからといって(リスクがあるのは変わりないのだから)手放しでは、人にオススメ出来ない(自分はやってよかったから本当はオススメしたいけど)

ということなのかな、と皆さんのお返事を読みながら感じました。

 

失敗した方は

失敗したからこそ「失敗した例がここにあるから、絶対にオススメしない!」と言い切れるけど。。。

成功した方は、「私が成功したから、あなたも絶対成功する」とは言えないですもんね(;_:)

 

FXとレーシック。

その感覚、なんかどこかで自分も実感しているな、、、

と、思い返したのですが、

FXでした。

実は、このブログでは一切書いてきていませんでしたが

2年前くらいから、FXでデイトレード・スイングトレードで資産運用?をしてきた私です。

 

もともと、株や投資に興味があったので、

パンくんがおなかにいたころ、産休に入る前から

「産休中に(生まれる前に)FXを始めよう!」と意気込んでいて開始し、

性格と興味に合っていたのか、

細々とですが利益を出し続けてきたので、

本当は、人にオススメしたい(ブログでも、リアルの友人にも)んです。

でも、、、、、

 

やはりギャンブルに近い要素もあるため、

誰かが得をすれば、誰かが損をする仕組みになっているし、

 

仮に友人に勧めて、仮に友人がドハマりして、仮に友人が大金を失うことになったときに、自分は罪悪感を感じないだろうか??

と想像したら、私はたぶん耐えられないな、と思ったので

そういう話題になったり、そういうことを聞かれない限りは

これからも、人には言わないし

恐らくススメはしません。

 

だからこそ、の貴重な体験談。

だからこそ、

今回「コメントやメールをいただいたからといって、その話で「手術をする」決断はしないので、リアルなお話を聞かせてください」と

投げかけて

「私はやってよかったです」というお話を聞けたことは、

本当に本当に貴重な体験でした。

 

 

情報過多の時代

何を信じればよいのか、

この情報は本当なのか???

振り回されて疲弊していた部分があったため

今回、こういった貴重な体験をさせていただいて

「やっぱり最後は、人なんだな」ということと

「ブログを続けていくことで得る信頼(両方向の)」

の大きさを感じました。

 

 

ブログってすごいですよね。

これからの時代

情報過多だからこそ、ネット上での温度のある人と人のつながりって

ものすごく重要なのだと、気づきました。

そして、そこに秘める可能性も。

 

 

ランキングに参加しています。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村 

レーシックをしたことのある人の話が聞きたいです。

ここ一ヶ月、めがね生活をしているマキロです。

中1のころから、使い捨てコンタクトレンズを、ほぼ毎日使用してきましたが、

ここ数ヶ月、コンタクトを朝着けると、お昼頃から目がゴロゴロしてきて、夕方には目が疲れ、しまいには頭痛にまで及んでしまったので、

一ヶ月前あたりから、あきらめて眼鏡で生活しています。

 

でも眼鏡はやっぱり苦手

かなり近視が強いので、

眼鏡をかけると当然目がちっちゃくなるし

眼鏡をしている自分自体あまり好きではありません(見た目という意味で)

 

そして、タイトルの件。

最近レーシックによる視力矯正手術のことが気になって気になって、

毎日必ず調べています。

 

ネットの口コミ、怖すぎる。

でも、調べれば調べるほど、

ネットでの口コミは怖くて、

調べるほどに、どんどんと怖くなってきます。

 

いわゆるレーシック難民と言われる方々は、健康に関わる問題を抱えていて、

他に被害者を出さないために、素晴らしくもそういった、レーシックの怖さや後遺症について述べたブログやSNSのアカウントをもっているのだと思います。

 

逆に

「レーシック万歳!レーシックおすすめです」といった、レーシック大賛成記事を書いているブログなどは、

アフィリエイトのにおいがして、本当なのかな??とイマイチ信用できません。

 

自分は反対派だった

そんな口コミをずっと見てきたので、

私の母が昔、

「レーシックやりたい」と言ったとき、

父とともに大反対した過去があるのです。

 

でも、コンタクトが着けられない

眼鏡の自分が好きになれない

板挟み?になっている今

ちゃんとレーシックのことを知りたいなと思っていて、、、

 

レーシック経験者の方いらっしゃったら、教えてください

ネットの口コミは、怖いor信用できない

身近にレーシック手術経験者がいない

 

ならば、ここで聞くしかない!

と、育児メインブログですが、

投げてみないとわからないので、記事にしてみました。

 

ご自分や、周りの方でレーシック手術された方がいましたら、

どんなもんかいなってことを

コメントやメール(hayabusacoffee@gmail.com)くれたら、

泣いて喜びます(;_;)!

もちろん、それによって手術の有無の決断はしませんので、

そのあたりは、心得ております!

 

 

ということで、

今日は保育園の迎えを夫にお願いして、

とりあえず今の目の状態(眼鏡でも、乾きやすい、疲れやすい)を見てもらいに

眼科に来ています。(眼科の待合室なう)

 診察で、思いきってレーシックのこと聞いてみようかな(これからかかる眼科は、レーシックやっていないところだし)

 

当ブログが、書籍化されました!~ブログが本になるまで~

ブログ開始から2年。

なんとこんなショボいブログが、書籍化することになりました!!!!

 

・・・・嘘です。

いや本当です。

いや、本当です。多分

 

じゃじゃん!!

f:id:hayabusacoffee:20170711221438j:plain

 

目次もあるよ!

f:id:hayabusacoffee:20170711221541j:plain

f:id:hayabusacoffee:20170711221600j:plain

 

予算の関係で、

中身は白黒になってしまいましたが、、、

 

表紙はカラーにしていただけました!!!

じゃじゃん!

f:id:hayabusacoffee:20170711221703j:plain

f:id:hayabusacoffee:20170711221753j:plain

 

さて、そろそろお気づきの方もいるかと思いますが。すみません。

 

ブログ製本サービスMyBooks.jpで、はてなブログを書籍化(印刷・製本、EPUB化)しました。

はてなと提携している、

ブログ製本サービス MyBooks.jp

を使って、

個人的にブログを書籍化しました。

(かかった料金等については後述しています。)

 

 

まぁつまり、、、、

私が私のために、ブログを本にしたっていう訳ですね。

そらそーでしょうよ、このブログが書籍化したところで世に需要は無いわけですよ。。。←笑

 

●はてなブログ→設定→詳細設定→記事のバックアップと製本サービス

から、製作できます。

f:id:hayabusacoffee:20170711223039p:plain

 

文字の並べ方や書体が選べたり、、、、

 

 

 

f:id:hayabusacoffee:20170711223156p:plain

 

 

懐かしい記事が出てきたりで

仮製本をしている最中も、なんだかワクワクたのしかったです。

 

f:id:hayabusacoffee:20170711223327p:plain

 

仮製本中は、こんな風に↑サンプル画面を見ながら

自分の好みのレイアウトに変更していきます。

 

 

なぜ書籍化しようと思ったか。

さて、なぜ、ブログを書籍化しようと思ったか??

もうほんっとうに単純に、

紙媒体でも保存したかった、という理由です。

過去記事にも書きましたが、私はやっぱり紙の本は紙の本で好きなんですよね。

www.hayabusacoffee.com

 

で、実際書籍化してみて、

やっぱ、紙は紙で良いなぁ、って思いました。

昔の記事をササっと簡単に読み返せたり、

カテゴリーではなく、時系列で追って読めたり。

(我が家は、夫が私のブログに全く興味がない、というのも功を成しています。読まれたらめちゃめちゃ恥ずかしいけど、多分彼は読まない。笑)

 

ブログの書籍化。気になる値段は???

さて、

私は、「とりあえず本になれば何でもよい」という理由と

どんなクオリティのものが届くのか、探り探りな部分もあったため、

今回は、モノクロ×週刊誌サイズ×文字小

という、もっともコスパの良いプランにしました(カラーにするか最後まで悩んだけど、自分だけのものだし、写真は後から貼ってもいいかも、と思い。)

f:id:hayabusacoffee:20170711223852p:plain

記事数が多すぎて、12月7日までの記事しか入らなかった!!

とりあえず、一冊目はここまで、ということで。

(画像はなぜかタイトルが2になってますが、後で修正しましたよ。)

 

 

その結果のお値段がこちら↓↓↓

f:id:hayabusacoffee:20170711224000p:plain

4178円(送料込み)也!

 

どうでしょうか??

私は、結構安いなぁって思って注文しました(*^-^*)

 

個人的には大満足で、

記事がまた溜まったら、2冊目もつくろうかな、と思っています。

 

ランキングに参加しています。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村 

私は、言葉の発達と、育児の楽しさが比例するタイプらしい。

私、2歳児好きかもです。

今すごく、余裕をもって可愛い可愛いと言いながら育児できている気がします。(育児は、です。仕事やその他プライベートはボロボロのカスカスのダメダメですが、、。)

 

もちろん保育園に日中預かっていただいている影響はカナリカナリ大きいです。

というか、それが無ければ今の私は絶対にいません。

 

なにせ中高生の頃

「ベタベタしすぎない人が良い」

「相手を尊重して、適度に会える関係がいい」

恋愛関係、友人関係で理想を掲げていた私。(どんな上から目線w)

 

それはわが子でも同じで、

ほどよい距離感が必要で、ほどよい距離感でいれば、私は育児を楽しめる

そんなことを、この四月から実感してきました。

 

しゃべる言葉が可愛い

f:id:hayabusacoffee:20170710170930j:image

自発語や、模倣の言葉がどんどん増えてきているパンくん。

 

何か食べたり、飲んだりすると

必ず

「とーしゃんも-!」(おとうさんも)

「あーしゃんもー!」(おかあさんも)と

おまえらも飲め飲め、食べろ、と行ってきます。

 

こどもちゃれんじぷちの絵本を読みながら、

「こんにわー」(こんにちはー)

「あーよー」(おはよう)もマスター。

ちゃんとペコリとお辞儀しながら言うもんだから

くそ可愛いです。萌える。

 

実家から宅配便が届くと、決まってパンくんの好きな物が入ってるのを知ってから

ダンボール=僕の好きな物

包み=僕の好きな物

という公式を勝手に作ったようで、

何かを開けることが大好きになりました。

「そういうときは『あけて-!』って言うんだよ」と言うとマスターし

 

何かを閉じてる物を見つけると

ダッシュでこちらにもってきて、「あけてー!」と言います。

この発音がとても良くって、可愛さが倍増。笑

 

指示が通るのが可愛い。

「パンくん靴下もっておいで」

「これお父さんにあげて」

「ベビーカー乗る?」(「やや!」と返される)

「おいしい?」

「トイレ行く?」

「○○どこにあるの?」(と聞くと、知ってると連れて行ってくれる)

「ちょっと待っててね」

 

といった、指示や、問いかけが伝わるので、それがとても嬉しい。

加えて、パンくん自身が、

「大人の言ってることが、わかって嬉しい」

「ほめられて感謝されて嬉しい」といった表情でいるので、

指示やお願いすることを、今はお互いに楽しんでいる感じです。

 

これが、もっと年齢が上がったら、

「やりたくなーい!」

「お母さんやればぁ!?」

っていう感じになっていくのだろうか。。(>_<)

・・・・・ いやだい!!!!

 

魔の2歳児とやらはくるのか?

その子その子で気質があるし

その親その親でも気質があるし

その親子その親子で相性もあるだろうから

単純に比べることはできませんが、

 

パンくんは、うおーーー来そうだぞイヤイヤ期!な時期(プレイヤイヤ期)はガッツリあったのですが、

www.hayabusacoffee.com

 

上手く言葉で表現できることが増えたおかげか(まだ1語単語レベルですが)

最近、なんだか収まりました。

今は、イヤイヤ期って感じはあんまりしない・・・

(だから今育児が楽なんだと思う。)

 

今だけかもしれない

明日はわからない

それが育児ですが。

 

今はこんな感じだよってことで記録しておきます。

f:id:hayabusacoffee:20170710221725j:plain

寝ている写真を撮ると、大きくなっていることがよくわかる。

ランキング参加しています。いつも応援してくださりありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村 

 

アトピーではなく、カビだった。セカンドオピニオンの重要性

私の病院選びの基準として、

どんなに良いと評判の病院であっても

待合室で30分以上待たされる病院には通いません。

 

もともと待つことが苦手な性格ですが、悪い状況で待たされることは本当に苦手です。(これで言うと、体調の悪い時に、体調の悪い人に囲まれて長時間待つこと)

 

今は、いろんな予約システムがありますから、常時混むことが予想される病院は、「患者さんが待たずに済む」ように努力しているところも多いです。

私みたいな待つことが耐えられないタイプは、そういった病院にチェンジすることがストレスマネジメントかなと思っています。

 

 

こんな性格ゆえ、

私自身は積極的にセカンドオピニオン(というか病院の変更)をとることはよくあることなのですが、

 

夫は安定志向で、じっくり腰を据えて問題に向き合うタイプ。

カナリ酷いアトピー体質が長期間変わらずいても、病院を変えずにいました。

 

 

夫の皮膚科を変えさせた。

かれこれ、8年も、同じ皮膚科に通い続けてきた夫です。(人気の皮膚科で、最近やーーーっと事前予約制が導入されました。)

 

先日、それとは別に、

小児科皮膚科内科の3つがセットになった駅チカの病院を見つけ、(小児科皮膚科内科、それぞれ専門医がついているので担当医が異なる)

 

私が内科受診をした際、

そこの予約システムや待合制度、待合室の環境がすごく整っていて快適だったので

夫にその皮膚科へ行かせることにしました。

 

 

安定志向の夫を、別の病院へ行かせるのはなかなかエネルギーがいるかな、と思ったのですが、

以前より私が

「改めて血液検査して、アトピーの原因調べた方が良いよ、大人になって体質変わるって言うし」

と言い続けてきたことが功をなして

 

 

最近「血液検査してみたいかも。最近ひどいし、全然治らないから。でも血液検査できる病院わかんないからよかったら調べてほしい。」

と夫も乗り気に。

 (通い続けてきた病院でも、多分聞けば血液検査できるんだろうけど、それは言わないでおいた。笑)

 

アトピーではなく、カビだった。

セカンドオピニオンに、行ってきた夫。

結果、アトピーではなく、カビだった、とのこと。

血液検査ではなく、

肌の一部を採取して、顕微鏡での検査になったそうですが「これはカビだね。」と即答されたそうです。

 

 

強いステロイドを長期に渡って使いすぎて

肌が弱くなり、

アトピーではなく、身体にカビが発生してしまったのです。(一種の感染症)

 

これは、

アトピー用の薬では治らず

カビ用の薬を塗らないと良くならない

 

と言われ、

カビ用の塗り薬をもらってきました。

 

「アトピーではなくカビ」

と検索してみると

なるほど夫の症状と極似しています。

それ本当にアトピー?実はそれアトピーじゃなくてカビだらけの皮膚かもしれない! | アトピー攻略ブログ

このブログの方、

多分これ、普通の皮膚科医では見抜けない。もしこれらを検査もせずにあーアトピーですねーステロイドだしときますとかやられた日には良くなるどころか悪化するわ・・・。

悲しいことに日本の皮膚科では感染症に平気でステロイドを処方する事(感染症にステロイドを処方してはいけない)が日常茶飯事なので患者が医者に殺されないように自衛しなきゃいけない。

とおっしゃっていますが、

まさに、でした。

夫は1ヶ月前に、8年間通ってきた病院にも肌を見せています。

アトピーと、アトピーからのカビ(感染症)が併発すると、見分けにくいようです。

 

 

 

でも、、、。

 

 

 

 

一生懸命、薬を塗っているのに

いっこうに良くならず、

「自分の肌が酷すぎて、自分が嫌だ」と言って、写真も撮られたがらず

皮膚科にちゃんと通っても

痒みでイライラしてしまう日々や

寝られず苦しい様子。

 

 

そういった夫の姿を間近で見てきて、

本当に切なくて、

「いつも通ってる皮膚科の先生は、ちゃんと見てくれているのだろうか」

と不信感がありました。

直接会っていない私は、なおさら。

 

 

ちゃんと見てくれていたのかもしれない、

でも

ちゃんと見て欲しかった。

 

 

 

カビの薬に変えたら、みるみる良くなった。

カビ対策用の薬に変えたら、

本当にひどかった肌がみるみる改善してきました。

オーバーではなく、本当に。

びっくりしました。

 

しかし、アトピーと併発しているので

痒み止めの効果のないカビ薬だけでは痒いようで、

ジメジメ蒸し暑いこの時期は辛そうです、、、

 

それでも、明らかに良くなっています。

カビの症状か落ちついたら

またアトピーの治療を再開するとのことでした。

 

 

 セカンドオピニオンの重要性

私自身セカンドオピニオンは大切だと思っているし、

セカンドオピニオンとまでいかなくとも、自分が通いやすい、自分が良いと思う病院を見つけることは重要なことだと思っています。

 

でも、セカンドオピニオンで傷ついたことも何度もあります。

新しく行った病院で、馬鹿正直に転院の理由を話して

「そんなことでコンビニみたいにコロコロ病院変えられても困る」

と言われたこともあります。

 

子連れで1時間、待合室で待ち続けることや、医師の高圧的な態度も

人によっては「そんなこと」かもしれないけど

私には「そんなこと」ではありませんでした。

 

 

彼氏をコロコロ変える女の子は一部の人に嫌われるかもしれないけど、

長年付き合ってきた彼氏とずっと一緒に居て、自分の状況が悪化していくような場合には、相手を変えるのも大切だな、

と、今回の夫の件で改めて思いました(>_<)

 

夫の肌が少しでも改善していきますように。

 

 

ランキング参加しています。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村 

今更ながら脱毛をすることにしました。その理由。

脱毛することにしました。

こんばんは。

わたくし、マキロ、アラサーになって初めて、医療レーザー脱毛を

アリシアクリニック ですることにしました!!!

 

え?今更ですって???

「今更」と思うか「え、やるんだ~!」って思うか

どちらがメジャーなんでしょう。

f:id:hayabusacoffee:20170703204423p:plain

 

というのも、周りの友人たちがもれなく脱毛(部位は問わず。脇が最多で、全身脱毛まで完了している子も。)している中

大学時代は、お金を理由に

社会人になってからは、時間を理由に、なんとなく脱毛ロードを歩まずに来てしまいました。

 

女子の外見事情。

おそらく、外見を整えるリストとして

  • ダイエット
  • メイク
  • 美白、美肌
  • ヘアアレンジ、ヘアカラー
  • ファッション
  • ネイル
  • 脱毛
あたりが挙げられると思うんですが、
これらを総ナメ完璧にしている方は、スーパーキラキラ宇宙人女子であり、
多くの女子は、多くてもある時期に3つぐらいまでしか意識できていなかったんじゃないかなと
勝手に思っているマキロです。(参考情報:私)
 
 
ちなみに私は
 
高校生の時・・・
ダイエット
メイク
ファッション
 
大学生の時・・・
ダイエット
メイク
ネイル
ちょっとファッション
 
社会人なり立ての時・・・
ダイエット
メイク
ヘア
 
っていう関心でしたね。うん。
 
常にダイエットしてきたこと関連の記事↓

www.hayabusacoffee.com

 

脇が恥ずかしくなってきた。

結婚して、子どもが生まれて、仕事でも居場所ができて、

承認欲求自尊感情が満たされてきたのか

「ダイエット」を昔ほどには意識しなくなってきたんですね。

 

その上、育休復帰して、ヒールを辞めたら

余計なところについていた、お肉と筋肉が少しだけ無くなって

www.hayabusacoffee.com

 

「私なんぞが、袖の短い半そでなんて、絶対に着ちゃいけない!」

「この醜い二の腕を世に晒してはならない」

なんていう、自意識過剰が和らいでいって

 

袖の短い半そでが少しだけ着られるようになりました。

だれもあなたの二の腕なんて見てないのよ。って言い聞かせております。(でもノースリーブとかは絶対無理。)

 

 

まぁ、それで、必然的に、脇が恥ずかしくなってきました!!!!

 

実は社会人なりたてのときに

医療ではなく、エステ脱毛(ミュゼとか銀座カラーとかの、1回400円とかってやつ)で

脱毛始めたことがあったのですが、一度予約を忘れてしまって、キャンセル料発生してから行かなくなってしまいました。。。

 

 

なので、今回は

効果が大きくて、通う期間の短い、医療レーザー脱毛にすることに。

 

どこで脱毛するか。

ほんとうに料金や脱毛機が違い過ぎて、迷いました。

調べ魔の私が、

迷いに迷い、迷いに迷い、迷いに迷った結果

アリシアクリニック でレーザー脱毛を施術してもらうことにしました。

 

アリシアクリニックにした理由は、また別の記事で。

 

入るなら紹介だ、ということで。

紹介で入ると、

ギフトカード1万円分と、スタバカード2000円分がもらえるとのことを

ホームページで情報ゲットしたのですが、

紹介してくれる人も相談できる人も身近にいなかったため(;_;)、

SNSで、見ず知らずの人にお願いして、←

無事紹介特典もGETしました。笑

(こういうところ、我ながら図太いと思う。)

 

 

もしこのブログを読んでいて

もし医療脱毛検討していて、

さらにアリシアクリニック考えてる人で

さらに紹介してくれる人がまわりにいない、

 

そんな数日前の私のような方が

いらっしゃいましたら、(そんな偶然の一致はおそらくないと思うが)

お気軽にメールください。

私で良ければ紹介します。

どうせ入会するなら一緒にギフトカードとスタバカードもらいましょう。笑

hayabusacoffee@gmail.com

 

 

ちゃんとつるつるになれるといいな。

 

 ランキング参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村 

 

通勤電車の中で思わず泣きそうになったのは、「パパと息子のふたり暮らし」に、育児の大変さを見たから。

とても久々に

youtube動画を見て、思わず涙が出てしまいました。・・・通勤電車の中で。( ;∀;)

ウルッとした程度にとどめましたが、不意打ちだったので止められず。

 

というのも

最近、あまり本やテレビや動画で泣くことがほとんどなく

一時流行った「涙活」とは程遠い生活でした。

うん、本やテレビで泣くほどの余裕が無かった。

泣く技術 一瞬でストレスを消す「涙活(るいかつ)」入門 (PHP文庫)

泣く技術 一瞬でストレスを消す「涙活(るいかつ)」入門 (PHP文庫)

 

 

きっかけはFacebookから。

フェイスブックは、昔からやってはいたものの

全く活用しておらず

昨日、通勤電車内で実に数ヶ月ぶりに開いたところ

「3月に○○さんと○○さんが、この動画にいいね!しました」との投稿が。

あまりに活用していないと、3月のいいね!が表示されるのか?笑

 

なので、もしかしたら3月に、流行って

もしかしたら、みなさんは「この動画、すごい有名じゃん、なにをいまさら!」と

思われるかもしれませんが(わたし結構、流行りに疎いんですよね…)

私は初めて見ました!(*'ω'*) こちらの動画です↓ 

 

パパと息子の1ヶ月のふたり暮らし


【One Month】パパと息子の1ヶ月のふたり暮らし

ママ里帰り出産の間、普段は仕事で忙しいパパが

1ヶ月の育休を取り、初めてのふたり暮らし。

いつも家事・育児は見てきた(手伝ってきた)つもりだけど

ひとりだと勝手が違う・・・

というストーリー。

 

 

何が涙線を刺激したのか

以下ネタバレ含みます

 

 

もともと、不器用なパパが頑張る系と、思いが伝わらなくて泣いちゃう子ども系のものって、私、涙腺を刺激されやすいのですが

今回は、

ママが残してくれた、れんくん対策ノートに多分やられました。

 

 

「白いごはん食べないときは、お魚をほぐしてのせてあげて」

とか

「鍵はれんくんが閉めるよ(鍵を閉めさせてあげないと泣くよ)」

とか

「公園には着替えをもっていくのを忘れずに(水たまりがあると絶対入っちゃうから)」

とか

 

ママが対策ノートを残していってくれたおかげで

徐々にパパの一人育児が改善されていくのですが、

 

だんだんと笑顔になっていくパパとれんくんの姿にホッとしながら

多分そこに、自分や、周りのママさんたちを重ねてしまいました。

 

 

この対策ノートの裏にあるのは

ママの、ひとりぼっち育児。

 

「白いごはん全然食べてくれない、どうしよう」

とか

「なんで好きな公園にこれから行くぞって時に、こんなにグズるんだろう」

とか

公園に来て早々に、水たまりに飛び込んでグチャグチャになって、

着替えも無くて、

しまいには子どもが愚図って、

他の子のオモチャ取って、初めましてのママさんに「うちの子がすみません」って謝って、

汗と泥でドロドロになりながら帰宅した日

 

それを、

その瞬間

「困った、困った」

「やんなっちゃうよね」

「私お昼用意するから、着替えお願いね」

と言える相手もいない、

そんな、ひとりぼっち育児が

たくさんあったんだろうな

 

と、過去の自分や周りのママさんを重ねて、思いました。

 

 

 

ひとつひとつは小さい、でも沢山の、、、、。

パパからしたら、

朝ごはんに、子どもの分だけ、ほぐした魚が乗っているのも

朝子どもが起きたら、真っ先に水を飲ませているのも

公園にシャボン玉を持っていくのも

 

激務のバリバリ仕事中だったときには

きっと、特別気にも留めなくて

 

 

でも、その一つ一つの裏に

ママの「子どもがめちゃめちゃ泣いて、しんどかった瞬間」とか

「どうやったら笑顔でいてくれるんだろう」と悩んだり、考えをねったりする瞬間が

 

もう本当にちぃーーーーーーっちゃいことに対してもあるんですよね。

 

 

自分でも忘れちゃうくらいの

小さいストレスと

小さい悩みと

小さい改善と

小さい変化と

小さい成長

 

が、もんんんんのすごくあって、それの積み重ねが育児なんだと思うと

 

ホントに、育児って、黙っていたら報われないことの方が断然多いと思いました。

子どもの笑顔に帳消しされることもあるけど

でも、小さい試行錯誤を毎日繰り返していることには変わりない。

 

 

改めて、育児(特に専業主婦で、ワンオペされている方)って

すごいことだな、と思いました。

 

ちなみに、過去記事にもしましたが、こちらの動画も好き。


MOM'S 1ST BIRTHDAY ママも1歳、おめでとう。 | パンパース公式

 

 

私もがんばろう。

 

 

ランキング参加しています。


にほんブログ村 

 

www.hayabusacoffee.com

 

AI時代に負けない力を持っている、彼。

息子のパンくんは

お絵かきが、結構好きです。

 

私が普段使っている付箋とボールペンを持ち出して、自分の机にダッシュし、

ニヤニヤなにかを書いてるなぁ、、、

と眺めつつ、夕食を作っていたら、、、

 

「できたぁ!!!!!!!!」

 

とのお声が。

 

さらに

「あんぱんぱん!!!!!」

 

とのお声も。

 


f:id:hayabusacoffee:20170627071803j:image

タイトル「あんぱんぱん」   画:パン

 

 

大好きな大好きな電車やご飯は、

描こうとすらしないのに、アンパンマンどうして描きたくなったんだろう。

 

アンパンマンの般化

外でも、

パンくんが

「あんぱんぱん!!!!!」

とお叫びになるので

目をやると、、、、

 

 

おや?


f:id:hayabusacoffee:20170627072033j:image

タイトル「あんぱんぱん」 発見者:パン

 

 

 

天下のアンパンマンさまに申し訳ありませんが、

パンくんの周りはアンパンマンで溢れ、

夢や希望に満ちているようです。

 

 

つくづく、、、

アンパンマンって、すごいですよね~!

 

認知心理やらAIやら

研究や技術が発展して

「子どもの心を射止めるキャラクター、絵柄」なんて、もっと世に出てきそうなのに。

 

 

我々が幼い頃から、ずーーっと

愛されてきた「アンパンマン」を

今改めて尊敬する毎日です。

 

 

ランキング参加しています。


にほんブログ村