はやぶさCOFFEE

2015年に出産した男の子「パンくん」との日々をつらつらと書いています。 hayabusacoffee@gmail.com

お誕生日、手作りできなくてもいい。

さて、パンくん、2歳になりました!!!
平日にも関わらず、
私の父母が東京まで来てくれて
お誕生日パーティーができました。

最初は、どこかお店を予約する予定でしたが

ディナータイム
家から近い
個室が良い
パンくんも食べられるメニュー
高すぎない
できれば美味しいところがいい

と絞っていったら
そんな店は我が家の近くにはありませんでした。(’_’)

自宅でやりました。

やっぱりね、なんだかんだ自宅が一番!!!
でも、仕事終わってからパーティー料理を作れる気力も技量も皆無な私。

すべて外注しました(>_<)(>_<)!!

お寿司は以前夫が働いていたそこそこ高級なお寿司屋さんからの出前。
サラダや、お肉系は百貨店のデパ地下にて。

百貨店のデパ地下だろうが、スーパーであろうがオリジンだろうが、お惣菜なんてそんな大差ないのは分かりつつも、

手作りできない、けれど外食もできない負い目から、
「ちょっとかっこつけた場所」で買おうとした結果がこんな感じになりました。

ちなみに、
ケーキは、新宿高野の「フリュイ」という1個900円近くするフルーツの盛り合わせ+ゼリーのやつにしました。


f:id:hayabusacoffee:20170619172215j:plain


パンくんだけです。

私たち大人は、モロゾフの200円台のプリンやゼリーにしました( ´∀`)エヘ

電気を消して
ハッピーバースデートゥーユー♪

暗い中やや不安げなパンくんでしたが

f:id:hayabusacoffee:20170619172500j:plain

電気が点くと、現れた
大好きなフルーツのゼリーに大興奮!!

f:id:hayabusacoffee:20170619172544j:plain

f:id:hayabusacoffee:20170619172550j:plain

この姿が可愛すぎました(*´д`*)

手作りできなくても、いいや

去年の1歳バースデーに比べて
私が時間や労力をかけた部分は殆どなく、お金と人に頼った部分が全てでした。

でも、お祝いにきてくれた両親のおかげで、「いつもとは違う特別な日」になったし、

苦手な手作り料理をしなかったおかげで
少し余裕がもてて、

「二年前の今頃は、NICUの前で号泣してたな」とか
「2歳まで大きな事故なく、よく成長してくれたなぁ」とか
シンミリすることができました。

仕事明けからの手作り料理だったら
クタクタでシンミリする余裕もなかったかもしれない。



ブログに書いても
誰の参考にもならない2歳バースデーだったけど、

誕生日に思う存分おもてなしできなくても、良い日を過ごせた、
記録として、残しておきたいと思います。


パンくん、2歳のおめでとう。

今日は1歳最後の日。

久しぶりにスマホからの更新です。こんばんは。

息子のパンくん、
1歳最後の日でした。


f:id:hayabusacoffee:20170615222533j:plain

過去記事でも書きましたが
私は乳児より幼児の方が育児を楽しめるようで
1歳の1年間、
もちろんイライラしくしくムカムカすることもカナリあったけれど

パンくんの姿に大笑いしてしまったり、
ホッとしたり、
驚いたり、
感心したりしました。


わけのわからない生き物、けれど一心同体の存在にあたふたしていた0歳児育児に比べ

特に保育園に行きだしてからは

「私と夫とパンくん」

3人とも昼間の生活がそれぞれあって、
「私と、彼と彼。」みたいな感じで

一歩引いて息子を捉えられるようになりました。



最近毎回保育園から帰りたがらず、
園庭に居座り続け

今日なんかは、いつまでたっても帰ろうとしないパンくんを、抱っこで門の外へ連れ出したら、
道路を這いつくばって、
門の下から潜ってでも保育園に戻ろうとした。

朝は「お母さんお仕事いってくるね」
と言っても、こちらの顔を見ずに適当に「ばいばーいー!」

贅沢な悩みですが、
彼には彼の生活や、家とは異なる居場所ができたようで、ドンドンドンドン自立していく様子が寂しい。

(でも、ベッタリだったころはそれが苦痛だったから、寂しいくらいがちょうど良いのかも。)




ああ、もうそのままの大きさで
その無邪気さで
「かーり!かーり!(おかわりの意)」言っているパンくんでずっとあってほしい!!!笑

今が一番。
2歳、3歳、大きくならないで


1歳最後の日には、なんか感慨深くてそう思ってしまうけど

きっと1歳のころ以上に
面白くて、可愛い2歳が待ってると期待して

私もママ1歳を卒業しようと思います。

絶対に批判されない、人を傷つけないブログ。

って、きっと面白くないですよね。

レシピブログとか、ハウツー系なら可能かな?

 

・・・・・・

余計な前置きはしない。

 

ブログを書く上で、ずっと気を付けてきたことがあります。

それは、できるだけ読者を配慮するような前置きはしないということ。

 

ロッテリアのポテトも

モスバーガーのポテトも不味いとは言いません。

それが好きだ、と言う人を批判したいわけではありません。

それぞれ好みがありますから、好きな店で買えばいいでしょう。

でも、私は~~~という理由で、マックのポテトが一番おいしいと思うんです。

 の文章で言う、「でも」より前の部分のことですね。

 

 

ブログを書き始めた初期の頃は

ビビって、前置きをズラズラと述べていたときもありました。

いやむしろ、いまだにそういう傾向はあります。

 

 

でもなんだか、すごくこう、自分が嫌になったというか

 

自分と異なる意見を持つ人がいること、私ちゃんとわかってますよ!

自分と異なる意見の人のことも、私尊重していますよ!

その上で、自分の意見言っているんです!

だから批判しないでね(*´ω`)

 

って、心の奥底で思っているんだろうな、と自分自身に思ってしまいました。

もしくは、批判を恐れているわけでなく

純粋に、自分の記事で誰かを傷つけたくないという気持ちから、予防線を張ってしまう。

 

早期教育が悪いとは言いません。

早期教育をしたがるママさんたちのことを批判したいんじゃないんです。

早期教育の魅力もわかっています。

でも私は~~~な理由で早期教育はしないつもりです。

 

本当に言いたいことは、

私は早期教育はしないつもりであることと、その理由です。

 

批判されたくない、誰かを傷つけたくない

そんな不安から、前置きをズラズラ並べたくなってしまう。

でも

言いたいことや理由をしっかり主張したほうが、

本当に言いたいことが伝わるのではないか、

そう思って、

なるべく、予防線を張るような前置きを避けてきました。

 

 

 

読者はわかっている

そういう風に意識してブログを書き続け

気付いたことがあります。

 

自分と異なる意見があること

自分と異なる意見も、尊重すべきであること

自分と異なる意見だからといって、批判する必要はないこと

 

これって

私が予防線張らなくとも、きっと読者の方たちはみんなわかってるんですよね。

 

当ブログが無名ブログだということもありますが

批判コメントがついたことがほとんどありません。

 

私が割と強めに主張した育児に関する考え方の記事に対しても同様に。

 

でもそれは、私の意見が超スバラシイ!というわけでは絶対なく

「この人の考え方合わないな」

「この人の言っていること、賛成できない」

と思った方が「人は人」「まぁそう考える人もいるかもね」とスルーしてくださった結果だと思います。

 

 

何か思いや意見を発信する以上

絶対人に批判されない

絶対人を傷つけない

そんなことは無理だと思います。

 

 

ならいっそ、

「わかってますよ」なんて前置きせずに

(自分と意見が違う人の気持ちはわからないけど)私はこう思う、と

言い切ってしまった方が、読み手も書き手もスッキリするんじゃないか。

 

むしろ、

「わかってますよ」の前置きをされると

いや、わかってないよ!と批判したくなっちゃうのかもしれませんね。私がそうですからw(性格悪いです(´・ω・`))

 

 

ブログの話でした♪

ランキング、参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。

 
にほんブログ村

ママには得意な「年齢」苦手な「年齢」がある?

最近つくづく思うのですが

子どもを産んだら、子どもを持ったら

どちらかが亡くなるその日まで「お母さんorお父さん」であり続けるわけです。

 

そんな中、たとえ今「私、母親に向いていない」と思っていたとしても

その子が成長して

10歳になったとき

20歳になったとき

30歳になったとき

40歳、50歳・・・・

 

子が年齢を重ねていく中で

自分も年齢を重ねていく中で

「あ、私、今母親として楽かもしれない」と思う日がくる、ということは大いにあり得ることです。

 

 

逆を言えば、今「私、子育て向いてるかも!」と思っていても

単に、幼児期の子どもが得意なだけで、

思春期の子相手になったら、手こずるかもしれない。

 

それは、今の自分には、わからない。

 

乳児より幼児のが得意っぽい

そう思ったのは

私、確実に

乳児期よりも幼児期の今の方がずっと母親向いていると思うからです。(自分比)

 

プレイヤイヤ期(現在)のワガママ泣きの方が

「何で泣いているのかわからない」乳児期の泣きよりも

ストレス度が低いです。

 

過去記事を読み返しても

眠いのか?

おなか空いているのか?

おっぱい飲みすぎて気持ち悪いのか??

なんとなく泣いているのか??

と心配したり

 

笑顔を一切見せない乳児相手に

あーだこーだしていたころ

本気で辛くなって

私ダメかもと思って

こんな本も買ったりしました↓

赤ちゃん苦手かも?と思ったら読む本

赤ちゃん苦手かも?と思ったら読む本

 

(ネントレ本で有名な清水悦子さんの本です) 

 

 

そのころに比べて、

 

自我が芽生えて

やりたいこと、やりたくないことハッキリして

金切り声で泣かれても、暴れまわって、のたうち回って泣かれても

その理由が「ヨーグルトがもう1個食べたかった」という

しょーもない理由だとわかっている今の方が

私はずっと楽です。

 

 

 

とはいえ

これは今現在の私の気持ちであり

1週間後

1か月後

1年後は

「乳児の方が楽だった」と思っているかもしれません・・・。。。。

 

できることが沢山増えた記録。写真とともに

f:id:hayabusacoffee:20170605204607j:plain

ひとりでブロックをつなげて遊べるようになった。

f:id:hayabusacoffee:20170605204643j:plain

よく本を読むようになった。気づくと一人でずっと読んでいる。(私が積極的に読み聞かせしないせいか、一人で読むことがほとんど。)

f:id:hayabusacoffee:20170605204746j:plain

ボールを投げたり、蹴ったりが上手になった。

 

写真は無いけれど、他にも・・・

・自分のおやつを「どうぞー」と人に分けるようになった。

・「お父さんの」「パンくんの」と人のものと自分のものを区別して人のものを欲しがらなくなった。

・「靴下もってきて」「これお父さんのところ持っていって」などの指示がよく通るようになった。

・大人の行動や身体の動きの模倣が上手になった。見て自分で再現できることが増えた。

 

などなど・・・・・。

今のパンくんは見ていて本当に面白くて

親バカですが「とびきり、おもろい子だなぁ」と毎日思っています。。。笑

 

ランキング参加しています。いつもありがとうございます。


にほんブログ村 

保育士さんの方針、ジャマをしてしまったのかもしれない。トイトレ1歳11ヶ月

ウンチ大成功記事の続きです。

www.hayabusacoffee.com

 

ウンチ大成功を保育士さんに報告

ゆるく始めたつもりが

初回で成功してしまい、

「身体から出てきたクッサイ得体のしれないもの」

に大絶叫・号泣で怖がったパンくん。

 

その姿が可愛くて可愛くて

早朝の出来事を、その日のうちに保育園の保育士さんに報告したところ

保育士さんも喜んでくれました。

「パンくんすごいじゃーーーん!」とパンくんのことを褒めてくれました。

 

 

ですが、その日仕事の後に

早い段階でウンチを成功させてしまったことの弊害を知ることになります。

 

お分かりの方もいるかと思いますが・・・

そうです、トラウマです( ;∀;)

 

f:id:hayabusacoffee:20170604131449j:plain

帽子もトラウマ?かぶせようとしただけで逃げる。もうすぐ夏だから帽子好きになってほしいよ

 

連絡帳を見て。

保育園に迎えにいって、連絡帳を開けると、

「ご家庭でも挑戦してくださっているなんて嬉しいです

あまり無理なさらず、パンくんのペースでゆっくり進めていきましょうね

今日はちょっぴりトラウマもあったのか

『トイレ行く?』と声を掛けると『イヤ!』と逃げて行ってしまいました(笑)

ゆっくり、ゆっくり♪」

 

と若い保育士さんの字で書かれていました。

 

ガーーーーん!!!

…という気持ちと

若干、図星、といいますか

朝、ギャン泣きして成功している様子を見たときに

「これ、トラウマ化しないといいな・・・」と思っている自分もいました。

 

今までもパンくん、怖かったり痛かったりしたことって

しっかり覚えていて、その原因に近寄らなくなったりしたんですよね。

なにせ、天性のビビり(ポジティブ名:慎重でよく考えてから行動する派)のパンくんです。

 

「最近、トイレに興味が出てきて、誘うと喜んでついてきて5分くらい便器に座っている」

と言われていたけれど、嫌がって行かなくなってしまった。

家での成功をキッカケに、

トイレ=臭い得体のしれないものが自分の尻から出てくる=怖い

となってしまったのでしょうか。(´・ω・`)

 

 

保育園にも保育園の方針がある

私たちにも育児の方針が少なからずあるように

保育園にももちろん、「トイトレはこうやっていきましょう」という方針があって、

おそらく

ものすご~~~~く「ゆっくり、子どものペースで」ということに注意されていたのではないかな、と思いました。

 

思い返せば

「お家でも、おまるなどの用意をしてください」とは言われてないし

「ご家庭でも意識してください」とも言われてないし

 

私が「家でも補助便座とか用意し始めようかな」というようなことを言った時も

「パンくんのペースで、ゆっくりやっていきましょうね」

連絡帳を書いてくれた保育士さんとはまた別の保育士さんにも同じことを言われました。

 

多分、保育士さんたちもチームで協力して、トイトレはじめ

「こうやっていこう」というのが決まっていたんだよな、そりゃそうだよな、

 

 

と思うと、それをジャマしてしまった感じがして、少し落ち込みました(;_:)(;_:)

一日の大半を過ごす保育園での方針があるのに、

1日3時間程度+土日しか育児してない私が張り切ってしまったせいで、水を差してしまったかなと思いました(>_<)

 

 

保育園の方針に従って、我が家もゆっくりで。

実母に聞いたら、私自身は、1歳2~3ヶ月でオムツが外れたそうです。

それを聞いて焦る気持ちはなかったものの

最近は世の中が「3歳になってもオムツしてる子も全然いる」といった感じで

ゆっくりが普通だと認識していたので

「1歳2~3ヶ月でオムツって外れるんだ!?」と、自分のことだけに衝撃だったのも事実。

 

でも、いろんなブログを見たり、リアル先輩ママの体験談を聞いたりしていると

「本人がやる気になったときに短期決戦」が一番楽、なんだなぁと感じるので

 

やっぱり保育園のやり方に倣いつつ、

保育園で出来るようになったら、家でも。くらいでいいのかなぁと思いました。。。。

 

せっかちな私だからこそ、ゆっくり~を意識するのは大事ですね。

ランキング、いつも応援クリックありがとうございます。


にほんブログ村 

トイトレ初回、大号泣のウンチ大成功!&コンビ おまるでステップのレビュー

体調不良でアップできなかった1週間ほど前の話を投稿します('ω')
 
 
保育士さんから、
「最近トイレに興味出てきたみたいで、誘うとトイレまで来て、喜んで5分くらい座ってるんです。まだ座ってるだけですけどね(^o^)」
と言ってもらえたので
 
我が家でも一昨日あたりから、ゆるーーーーく
トイトレを始めることに。
 

ブツから始めるトイトレ。

トイトレといったら
まずアイテムです。(育児に関しては形から入るタイプ)
 
補助便座か
おまるで悩みました。
 
おまるのメリット・デメリット
足が着くから安定感がある、恐くない
やや前傾姿勢(和式トイレ風)になれるから踏ん張れる
好きな場所における
気軽に行ける
自分のウンチやおしっこがちゃんと見える(自覚できる)
 
処理が面倒
おまる→補助便座への移行が必要

 かな?

 
トイレに備え付ける補助便座のメリット・デメリット
処理が楽
匂いがトイレ内に留まる
「トイレに行こう」で場所と行動一致してわかりやすい?
将来、一人でトイレ、に移行しやすい
 
ステップがあるものもあるが、やはり安定性にかける
洋式スタイルになるから、踏ん張れない?
トイレは密室で怖がる子もいるらしい

 って感じかな????

 
 
 
 
こんな感じでしょうか。
 
 
アカチャンホンポにいって
ノリノリの息子のパンくんを、アンパンマンおまるで遊ばせながら
アガツマ アンパンマン 5WAYおまる おしゃべり付き

アガツマ アンパンマン 5WAYおまる おしゃべり付き

 

 

ウーンウーンと悩んでいました。
 
 
そしたら3歳くらいの女の子がアンパンマンのおまるに座りたかったようで近くまで来ていて、
女の子が近寄ってきたことで、その女の子のママさんと雑談する流れに。
 
私が
「おまると補助便座どっちがいいんですかねぇ」
と尋ねたら、
 
「うちはこの製品にして↓

 自分で上ってできるようになったからよかったけど

周りの様子聞いてると、外れるのが早いのは「おまる」。処理が楽なのは圧倒的に補助便座」
 
と言われ
なるほどーーーーー
と思ったのでした。
 
育児情報に関しては
百聞は一見にしかずではなく、
(ネット情報)百見は(リアルママ情報)一聞にしかず。
 
 

「おまる」から派にしてみた。

その結果、我が家は
おまるからスタートすることにしました。
悩んだけれど
決めたのはこちら↓
コンビ ベビーレーベル おまるでステップ ( レーベルオレンジ )

コンビ ベビーレーベル おまるでステップ ( レーベルオレンジ )

 

 コンビの「おまるでステップ」です。

値段の高い洋式おまるでステップも、シリーズであるようなのですが
ちょうど股が当たる「凹み」って重要だなぁと思って
↑の画像の通り、洋式だと凹みがないため
普通の「おまるでステップ」にしました。
 
 

買った日からカナリ気に入り、またがってばかりのパンくん。

即日お気に入りとなり
おもちゃのように乗っていました。おもちゃじゃないよ?
 

f:id:hayabusacoffee:20170601205542j:plain

 
保育園から、「パンくん、カーテンに隠れてウンチするんですよ」
と言われていたので、リビングのソファーの後ろの影っちい場所に設置しました。
 
 
設置した日は
「そこでチーっておしっこするんだよ」
「う゛ーーーーーんって踏ん張ってウンチするんだよ」
「パンくんのトイレどこ~?これー!」
と言うと
「ちぃーー!」と言ったり
「ヴぁー!!」と踏ん張ったり(音声のみ)していたパンくんでした。
 
 
今日朝、
朝ごはんを食べた5分後くらいに
オムツを脱がせて
「パンくんのトイレ行っておいでよ(*´∀`*)ノ」
と言ってみると
 
前日のやり取りで覚えていたのか
部屋の隅っこのおまるに自分からダッシュで行き
またがってニヤニヤしていました。
 
しばらくテレビを見ながらまたがっている様子でした。
 
 
ゆっくりもしていられないので 
私と夫がバタバタと朝の準備をしていると、
 
おまるの方から悲鳴が。
「う゛あ゛ーーーーーーーん!!!ぎやゃーーーーーーーーー」
 
本当に痛いときや怖いときにしか出さない悲鳴っぷりに、
私は
おまるの、上の部分と下の部分がガッチャンするところに、おまたの皮膚を挟んだのかと思い、慌ててパンくんの所に行きました、、、
 
 
 
デッカイ見事なウンチくんが出ていました。(゜o゜)
 
 
 
「パンくんすごいじゃん!成功だよ!ウンチできたよ!!」
「(夫に)来て来て!!パンくんおまるでウンチ出来たんだけど!!!」
「うわ!パンくんえらーーい!できたじゃーーーーーん!!」
と喜び、褒めたたえる両親をよそに、
 
 
ご本人は
大絶叫。
 
自分から出てきた
得体の知れない
臭いもの
 
に相当ビックリ・相当怖かったようで、
泣きまくっていました。かわいそうに・・・・
 
 
なんてゆうエピソードなんだ。
将来(自分の心の中で)語り継ぎたい
可愛い可愛い可愛い
初うんこ記念日。
 
 
したところも、写真に撮りたかったけど
さすがに自粛しました。
 

後日談がありまして。

愛でたく、めでたく終わった初記念日。

しかし、この日の出来事を

後から保育士さんとのやり取りで、ちょっと落ち込むことになります(;_:)

わかる人には予想できるかもしれません。

その話はまた次回。。。。。。。。。。。

 

6/4続編です↓

www.hayabusacoffee.com

 

ランキングに参加しています。


にほんブログ村

ママ友はいても、職場に友達はいません。

可笑しな話ですが、最近「孤独」を感じるときがあります。

 

そんなわけはない。

 

結婚しているから、夫はいるし

両親は健在しているし

大好きな息子のパンくんはいるし

学生時代からの友人は、なかなか連絡とれないけれどいるし

なかなか会えなくなってしまったけれどママ友さんもいる。

 

 

でも職場に友達はいません。

「職場に友達」と言うと、違和感があるかもしれませんが

 

友達、とまで言わずとも

「気軽に話せる」

「雑談ができる」

「仕事以外の話ができる」

そんな存在が皆無です。

 

友達がいない理由?

そもそも時短勤務で、話す時間があまり無いことも一因ですが

もっとも大きな要因は

同じ境遇にいる人がいない。

これに尽きると思います。

 

 

人事の入れ替わりが激しい我が職場。

 

妊婦時代には

子育てを終えた世代や

ちょうど同じ時期に結婚した人など

自分と、持てる引き出しが似た人が近くに居ました。

 

話の引き出しが似ている人たちが一緒にいたから

ムリなく、自然に、仕事以外の話でリラックスできたのかもしれません。

 

 

 

育休復帰して

戻ってきたら

そもそもの私の配属が変わっており

同年代の未婚女性 or 10歳以上年上の独身女性

が大きく割合を占めていました。

 

出会いが無いという未婚女性に、男性を紹介できるアテもなければ

何もアドバイスなんぞできず、そもそもそんなものは求められてなく

 

年上の独身女性たちはそれぞれ謳歌している趣味を持っているのですが

私が全く詳しくないジャンルで、なかなか「知りたいです教えてください」レベルにも持っていけない。

 

当然、子育ての苦労子育ての幸せ夫婦のいざこざなんていう話にも興味をもたれないし、言わないし、聞かれません。

 

 

4,5月でその雰囲気を感じ取り

「仕事の話しかできなくても、それで全然かまわない。短い時間でちゃんと仕事をしよう」

と割り切っていました。

 

 

・・・だから、大丈夫。

 

 

f:id:hayabusacoffee:20170601204113j:plain

 

でも、時々

うわッッと

 

寂しい?哀しい?空しい???

孤独の波が襲ってくるときがあります。

 

 

実は火曜日より

夫、私、パンくんの順で体調を崩しており(;_:)

結果、仕事を2日連日で休んでいます。(正確に言うと、1日は気持ち悪さをこらえて出勤したが、ほぼ外勤だったため職場に居なかった。)

 

 

そんなとき、

仕事を私が休むか?

夫が休むか?

田舎から祖父に来てもらうか?

いつまで休むか?

明日朝起きて一気に元気になってたらどうする?

 

と悩みに悩んで、

 

やっと決めて、チームのメンバーに

理由とともに

「申し訳ありませんが、お休みいただきます。」

とLINEを送る。

 

それに対する返事を見て

事務的な返信に

受け入れられていないのかもしれない

迷惑をかけている

頼れない、しんどい、なんか、きつい。。。。

 

と、どんどんどんどんとネガティブになっていってしまいました。

そういう時期なのかもしれません。

 

 

6月病の罠

www.sankei.com

最近、五月病だけでなく、六月病も増えているようです。

言葉だけ聞くと、「何月だろうと、憂鬱になるのを病気っぽくしているのね」と流してしまいそうですが、

 

新しい環境に適応できない5月病に対し・・・

 

 4月からの抱えていたストレス状態が続き、なかなかそのストレスを断ち切れない人が6月に「うつ病」になるというケースがあります。それが6月病です。

 

 5月病(適応障害)は急性疾患によるものですが、6月病(うつ病)は慢性疾患。慢性的にストレスを抱えることによって起こります。

 

これって、

ワーママだけでなく、特に専業主婦の方が危ないかもしれません。

 

夫が働いている方は、自分の生活に変化が無くとも、

4月はやはり変化を感じやすいでしょう。

夫の仕事のストレスも知らず知らず受け取っているかもしれません。

 

それを消化できる時間と場所が、専業ママの方には無いし

ワーママも時間という意味では厳しい部分もあると思います。

 

まずは、

4、5月でため込んだストレスを自覚して

やばい、自分、キてるな、

とちゃんと自覚して、心の中だけでも労えるようにしましょう( ;∀;)

 

慢性化させないように、ゆるく、でも立ち止まりすぎずに。

 

 

えらそうになってしまいましたが

私もそうやって、6月ガクンと落ちないようにしていこうと思います。

 

子どもに癒されても、夫に感謝することがあっても、

自分を、心の奥底まで慰めることのできる人は、つまるところ自分しかいません。

 

ランキングに参加しています


にほんブログ村 

私が「怒らない育児」をしている理由。(1歳11ヶ月)

夫とケンカすることはあまりないのですが、

たまに、互いに「うん?(--;)」となることがあります。
 
「しつけ」のことが大半かなと思います。
 
 

f:id:hayabusacoffee:20170524233338j:plain

室内で、食器や調理器具を使った水遊び。大ハマりです。

 
よくあるのは、
息子のパンくんに対して、夫が叱ったりイライラしてるのを見て
私が「そんなに怒らないでよ」と言うか、
 
私の「怒らない態度」に、夫が(口には出さないけど)
文句を言いたそうな顔をするか、のどちらか。
 (上記写真の水遊びも、食事終わりに、牛乳の入ったコップで遊ぶパンくんに夫が怒ったことが発端。夫が叱っても止めないので、場を設定して思いっきり遊ばせてあげることにしました…。)
 
 
 
 
 
私は基本的に怒りません。
 
 
 
 
でも、
怒らない育児を、信念をもって目指しているわけではなく、
単純に怒るのが面倒くさいんです。
 
その前提として、
叱ったり、怒ったり、注意をし始めたら、根負けして折れてはいけない。
という、昔からの決意があります。
 
 
 
泣いたら○○してもらえる
 
もし叶わなかったら
もっともっと大きな声を出して、泣いたら、○○してもらえる
 
自分の要求が伝わるよう、怒りを表現したら、○○してもらえる
 
 
 
そういう経験を積ませたくないなぁ
という気持ちが以前よりありました。
 
 
 
なので、
注意を始めたが最後、
まずその場で
その行為を止めるまで根気よく言い続けなければならないし、
 
翌日、同じ事をやったら必ず同じように言わなければならない。
 
そのまた翌日、その翌日、1週間、一ヶ月後、、、、
 
いつまで続くかわかりません。
 
 
 
 
根気よく教えてあげた結果
「これはいけないことなんだ」
「これをするとママは怒るんだ」
と理解して、
行動に移せるようになったら万々歳です。
 
根気よく、教えてあげる愛
とても重要なことだとも、わかっています。
 
 
でも、これって相当なエネルギーが必要だなぁと感じます(>_<)
私は本当に根気がありません(--;)
 
 
 
「人に暴力を振るってはいけない」
など、危害が及ぶことについては
 
私も、根気よく叱って諭していきたいなぁと思いつつ
 
 
 
そのほかのことに関しては
とにかく
怒ることが面倒くさく、
怒っても中途半端になってしまう。
それは一番避けたい。
 
しまいには費用対効果を考えてしまい
 
私は、「怒ること、叱ること」に結構なエネルギーを使ってしまうタイプだ、他のアプローチのほうが合ってるかも、、と思うようになりました。
 
 
 
 
  • お店で「買ってー!」と騒ぐことが増えたら、時期が過ぎるまで一緒に行かない、好きそうなコーナーには行かない
 
  • テレビボードに乗り始めたら、夜のうちに上れないレイアウトに変更する
 
  • 食器を落としだしたら、「じゃあごちそうさまだね~」食事終了
 
  • 嫌いだからと落とす食べ物は、しばらくは同じような調理法では出さない
 
  • おもちゃを投げたら、何も言わず回収、続くようならその場から撤退。
 
  • 壊れやすい、月齢に合ってない、イライラしやすいオモチャはしばらく物置へ。
 
  • 朝一番の着替えは、寝起きのパニックで100%泣きわめく。なら、これからは朝食食べた後に着替えってことにしちゃおう。
 
 
 
 
そんな感じで
怒ることを避け、
無言か、平静を装った言葉を発しつつ
 
原因を排除して環境を整えていきました。
 
 
 
よく言えば
「失敗をさせない」(怒られる機会を減らす)
「成功体験のみさせる」
といった感じでしょうか。
 
 
でもいくらそうやっても
こぼれ落ちる「叱らなければならない状況」はどうしたって出てくるので
そんなときはガツンと
『これはダメ』
と言うようにしています。
 
 
 
 
そんなふうな育児をしていたら、
以前ママ友さんに
「私はすぐ怒っちゃうから、マキロさんの怒らない様子みてると、自分はダメだなーって思う。
怒らないように気をつけてるけど難しい。」
というようなことを言われました。
 
 
 
全然ぜんぜんそんなことは無いと思いました(>_<)
 
 
現に、そのママさんの子は
すごく行儀がいいし
ダメなことをわかっているし
だからといって、怒られることをビクビク怖がっている姿も見たことがありません。
 
 
むしろ、そんな親子を見ていると
 
「やっぱりしつけって大事だよね、、」
「叱って教えてあげるのも大切だよなぁ」
「私こんなんで大丈夫かな」
 
と、ふと立ち止まるときもあります。
 
 
巷には
怒らない育児の本が溢れていますが
 
怒らない育児が、その親子に合っているかはまた別で
 
子どもに愛があることが前提であれば、
怒るにせよ、怒らないにせよ、自分に合っているのが一番だよなぁと改めて思いました。
 
 まぁ、このあたりは
今の私の考えであって
この先「しつけ」に関しては沢山悩むのだろうなぁ~と思います。
とりあえず、1歳11ヶ月の息子を前にした私の記録。
 
 
ちなみに
力づくでも、無理やりでも、決行しているのは
「ベビーカーに乗せること」です。笑
今のところ他の手段がないし、待ちきれないので、絶対根負けしないで、おもちゃで誘いつつ、毎日戦っていま~す。( ;∀;)
 
 
 
育児書ではありませんが、「子どもの心」に焦点を当てた本として
オススメの2冊です(*^-^*)

 

子どもが転んだときに「痛くない!大丈夫!」と言ってませんか?の例に衝撃。↓

ちゃんと泣ける子に育てよう 親には子どもの感情を育てる義務がある

ちゃんと泣ける子に育てよう 親には子どもの感情を育てる義務がある

 

ヘルプでなくサポートを。知らず知らず、おせっかいになってしまう、全部やってあげてしまう優しさに喝。夫を育てる、という意味でも役立ちました。。。笑

子どもの心のコーチング―一人で考え、一人でできる子の育て方 (PHP文庫)

子どもの心のコーチング―一人で考え、一人でできる子の育て方 (PHP文庫)

 

 ランキングに参加しています。

いつもありがとうございます(*^-^*)

 にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

 

親に○○してもらえない幸せ。

土日はトンボ帰りのような短期間でしたが

実家に帰省していました。

 

f:id:hayabusacoffee:20170522222650j:plain

私の祖母の家にも行けた。

 

 

そして私、

最近

よ~~~~~~~~やく気づいたんです。

 

 

・・・・

 

実母に育児を干渉されない幸せって

ものすごく、ものすごく有難い幸せなんだということに。

 

 

息子のパンくんが1歳半くらいの半年前に

突然そのことに気づき(笑

 

実母に

 

「お母さんって、

私の育児に、何か意見言ったり、

こうしたほうがいいとか、

『干渉』しないよね。

それのありがたみに、今気づいたよ。」

と、ちびまる子のようにノホホンと言ったら

 

「今更、気づいたの?」

 

と笑われました。

 

 

母から「~~したほうがいいんじゃない?」と言われたことは皆無で

「(パンくんに)~~~しなくて大丈夫?」と聞かれることはあっても、

私が「~~~だから大丈夫。」というと、それに対して反論されることはなかったし、

帰省中はすべての食べ物を母が用意してくれましたが

パンくんに与えるものは「~~あげてもいい?」と聞いてくれるほどでした。

 

 

特に私が、干渉されたら超怒るとか、怖い、とかそういうタイプではないと(自分では)思っているし、

私に何か言われるのを恐れて母が遠慮しているのではなく、

単純に、母は

私の育児を尊重してくれているのだと思います。

 

 

第一子の育児で

神経質すぎるところや、逆に大雑把すぎるところなど

多分、見ていて口を出したくなるところは沢山あると思います。

 

でも、言わない。

 

 

そのありがたさや

幸せに

ここ最近、やっと気づいたのでした。。。。

 

 

 「母乳育児がキツかったときに、励ましてくれて嬉しかった」

「乳腺炎になったときに、知り合いに電話して、日曜日でもみてくれる助産師さんを見つけてくれて助かった」

「長期帰省でも、食事やパンくんの面倒をみてくれて嬉しかった」

「仕事復帰時に、料理苦手な私に常備菜や作り置きおかずを届けてくれた。」

「帰省すると、パンくんと遊んでくれて嬉しかった」

 

そんな、

「○○してもらえる幸せ」には

すぐに気がつき、感謝の言葉を述べてきましたが、

 

「○○してもらえない幸せ」「○○されない幸せ」

って、人間なかなか気づけないものなんですね。。。。

 

f:id:hayabusacoffee:20170522222414j:plain

ばぁばと遊ぶのが面白くてマネっこばかりしていたパンくん(@大おばあちゃん宅)

 

キッカケを得て、

最近、身のまわりの「~~~してもらえない幸せ」「~~~されない幸せ」「~~~がない幸せ」「~~~じゃない幸せ」探しをしています。('ω')笑

 

みなさんの「~~されない幸せ」ってなんですか?

 

 

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村 

ラ・ジェンド・ホテル東京ベイの感想~1歳児とGWディズニーランドの記録④~

さて、これでGWディズニーランド旅行の記録はラストです。
最後は泊まったホテルの話。

東京に住んでいるのにも関わらず、「東京」ディズニーランド(千葉だけど)まで
我が家からは、1時間半~2時間かかります。

朝から出かけて、夕方~夜までディズニーランドに滞在し、そのあと1歳児とともにラッシュの時間帯、2時間かけて自宅に戻るのはなかなか体力がいるため、
今回は、GW旅行だし、という言い訳もあり泊まることにしました。

格安で泊まれるディズニーランド周辺ホテルに限って検索しました。

結果、泊まったのは
半年前にできたばかりの
ラ・ジェンド・ホテル東京ベイ。

できたばかりで、口コミがほとんどなく不安だったため、
誰かの役に立てればいいなぁ、という気持ちを込めて、レビュー記事を書きたいと思います。

サービスは超最低限。そのかわりコスパと可愛さは最高なラジェンドホテル東京ベイ。

サービスの簡素さを箇条書きしますと

  1. 荷物運びセルフ
  2. ルームサービスなし
  3. アメニティは超最低限、インスタントコーヒー・ティーない、お茶のみ
  4. 朝食はお弁当のセルフサービス

といった感じ。

コスパと可愛さを箇条書きすると

  1. GW中日でも1泊1人あたり1万円台前半(ディズニー周辺ホテルは最安でも2万超)
  2. ホテルまでシャトルバスで15分
  3. システムと価格は格安ビジネスホテルだけれど、内装が可愛い。ランドのトゥーンタウンからキャラクターがいなくなった感じ。笑
  4. 徒歩1分のところに大きいコンビニ(ナチュラルローソン)がある。
  5. バストイレがセパレート
  6. すぐ近くに大江戸温泉物語。提携しているので割引チケットで入浴できる。

といった感じでした。


ホテル滞在時間が長かったり、
GWではなく平日に安く泊まれるなら、憧れのミラコスタやヒルトンなどに泊まりたかったのですが、、、

ほぼ寝るだけの利用。
今回は格安ホテルにして正解だったかな、と思います。

写真で振り返る、ラジェンドホテル東京ベイ。

f:id:hayabusacoffee:20170521142728j:plain

ランドの駐車場から出発し、
シーを経由してホテルへ。
赤い可愛いバス、ディズニーキャラクターは皆無ですが、見た目が少しでも可愛いと嬉しいものですね。


f:id:hayabusacoffee:20170521142846j:plain

着きました。


f:id:hayabusacoffee:20170521142923j:plain

受付をしているあいだ、
息子と夫は、ロビーのキッズスペースで遊んだり

f:id:hayabusacoffee:20170521143016j:plain
f:id:hayabusacoffee:20170521143046j:plain

ドリンクバー(宿泊者無料)でセルフウェルカムドリンクごっこしていたようです。


f:id:hayabusacoffee:20170521150226j:plain

f:id:hayabusacoffee:20170521143339j:plain
朝は朝食会場になる、広い飲食スペース。ベビーチェアも完備


f:id:hayabusacoffee:20170521143438j:plain

館内図はこんなかんじ。↓


f:id:hayabusacoffee:20170521143239j:plain


エレベーターにのって
f:id:hayabusacoffee:20170521215501j:plain


長い廊下を進みます。

f:id:hayabusacoffee:20170521150243j:plain



部屋はこんな感じでした!
部屋によってカラーは変わる模様。
f:id:hayabusacoffee:20170521143607j:plain



アメニティとかはこんな感じ。↓

f:id:hayabusacoffee:20170521150300j:plain

f:id:hayabusacoffee:20170521143733j:plain



f:id:hayabusacoffee:20170521143746j:plain



f:id:hayabusacoffee:20170521143804j:plain



トイレバスセパレートでした。


f:id:hayabusacoffee:20170521150351j:plain
f:id:hayabusacoffee:20170521215711j:plain


f:id:hayabusacoffee:20170521143900j:plain



キッズへの配慮も!

f:id:hayabusacoffee:20170521143928j:plain
スリッパアメニティはうれしかったようで、うまく歩けないのに喜んで履いていました。歯磨きも持参していましたが、どうしてもこれを使いたいという本人(1歳児)の希望でアメニティ使用。笑

f:id:hayabusacoffee:20170521144102j:plain

ベッドはツインでしたが
下がローラーだったので、
ベッドを移動して壁に寄せて、息子を壁側にして寝かせました。


トリプルの部屋にすると、
今回のツインの部屋と同じ大きさの部屋にさらにエキストラベッドを入れるようです。

大人2名添い寝1名(無料)でも、同額でトリプルの部屋が予約画面にでてきたのでツインかトリプルか迷ったのですが、部屋を広く使う方を選びました。


徒歩1分もかからない場所にローソンがあるため、
そこでお酒や飲み物、おつまみを買いました。
ルームサービス無くても、コンビニが近くにあれば、富裕層でないわが家には充分すぎる贅沢です。
他にもホテルのお客さんたちがたくさん買いに来ていました。


グッスリ寝て、朝。

防音については、可も無く不可も無く。

f:id:hayabusacoffee:20170521144745j:plain


朝食はお弁当のセルフサービスです。

いわゆる普通のお弁当か
カツサンド
の二択から選びます。

我が家は1つずつセレクト。
パックのコーヒーかお茶かオレンジジュースが選べました。
f:id:hayabusacoffee:20170521144837j:plain


なんと添い寝の子どもでも、
キッズ用のお弁当をいただけて、もれなく息子のパンくんも朝食を楽しめました。

f:id:hayabusacoffee:20170521150210j:plain

まとめ

今回、友人からいただいたチケットで入園し
ホテル代を、ラ・ジェンド・ホテル東京ベイで抑えたことで(1人1万円ちょっと)
パーク内にて、お土産や食事代といったものに、お金をつかって楽しむことができました。

ディズニーランド近くの公式ホテルやパートナーホテルの豪華さには劣りますが

格安でビジネスホテルの造りながらも、小さな工夫があって、
ホテルは近くであればどこでもいいかな、といった方には、ラジェンドホテル東京ベイはオススメかなと思います(*^-^*)


以上、長く続いたディズニー旅行記事はおしまいです。お付き合いありがとうございました。
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

ディズニー記事はこちら
「せっかく来たんだから楽しまなきゃ」からの解放。1歳児とGWディズニーランドの記録① - はやぶさCOFFEE
ディズニーランドに行ったらカメラセンターがオススメ!1歳児とGWディズニーランドの記録③ - はやぶさCOFFEE
写真で振り返る夢の国。1歳児とGWディズニーランドの記録② - はやぶさCOFFEE