読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやぶさCOFFEE

2015年に出産した男の子「パンくん」との日々をつらつらと書いています。 hayabusacoffee@gmail.com

私が「怒らない育児」をしている理由。(1歳11ヶ月)

夫とケンカすることはあまりないのですが、

たまに、互いに「うん?(--;)」となることがあります。
 
「しつけ」のことが大半かなと思います。
 
 

f:id:hayabusacoffee:20170524233338j:plain

室内で、食器や調理器具を使った水遊び。大ハマりです。

 
よくあるのは、
息子のパンくんに対して、夫が叱ったりイライラしてるのを見て
私が「そんなに怒らないでよ」と言うか、
 
私の「怒らない態度」に、夫が(口には出さないけど)
文句を言いたそうな顔をするか、のどちらか。
 (上記写真の水遊びも、食事終わりに、牛乳の入ったコップで遊ぶパンくんに夫が怒ったことが発端。夫が叱っても止めないので、場を設定して思いっきり遊ばせてあげることにしました…。)
 
 
 
 
 
私は基本的に怒りません。
 
 
 
 
でも、
怒らない育児を、信念をもって目指しているわけではなく、
単純に怒るのが面倒くさいんです。
 
その前提として、
叱ったり、怒ったり、注意をし始めたら、根負けして折れてはいけない。
という、昔からの決意があります。
 
 
 
泣いたら○○してもらえる
 
もし叶わなかったら
もっともっと大きな声を出して、泣いたら、○○してもらえる
 
自分の要求が伝わるよう、怒りを表現したら、○○してもらえる
 
 
 
そういう経験を積ませたくないなぁ
という気持ちが以前よりありました。
 
 
 
なので、
注意を始めたが最後、
まずその場で
その行為を止めるまで根気よく言い続けなければならないし、
 
翌日、同じ事をやったら必ず同じように言わなければならない。
 
そのまた翌日、その翌日、1週間、一ヶ月後、、、、
 
いつまで続くかわかりません。
 
 
 
 
根気よく教えてあげた結果
「これはいけないことなんだ」
「これをするとママは怒るんだ」
と理解して、
行動に移せるようになったら万々歳です。
 
根気よく、教えてあげる愛
とても重要なことだとも、わかっています。
 
 
でも、これって相当なエネルギーが必要だなぁと感じます(>_<)
私は本当に根気がありません(--;)
 
 
 
「人に暴力を振るってはいけない」
など、危害が及ぶことについては
 
私も、根気よく叱って諭していきたいなぁと思いつつ
 
 
 
そのほかのことに関しては
とにかく
怒ることが面倒くさく、
怒っても中途半端になってしまう。
それは一番避けたい。
 
しまいには費用対効果を考えてしまい
 
私は、「怒ること、叱ること」に結構なエネルギーを使ってしまうタイプだ、他のアプローチのほうが合ってるかも、、と思うようになりました。
 
 
 
 
  • お店で「買ってー!」と騒ぐことが増えたら、時期が過ぎるまで一緒に行かない、好きそうなコーナーには行かない
 
  • テレビボードに乗り始めたら、夜のうちに上れないレイアウトに変更する
 
  • 食器を落としだしたら、「じゃあごちそうさまだね~」食事終了
 
  • 嫌いだからと落とす食べ物は、しばらくは同じような調理法では出さない
 
  • おもちゃを投げたら、何も言わず回収、続くようならその場から撤退。
 
  • 壊れやすい、月齢に合ってない、イライラしやすいオモチャはしばらく物置へ。
 
  • 朝一番の着替えは、寝起きのパニックで100%泣きわめく。なら、これからは朝食食べた後に着替えってことにしちゃおう。
 
 
 
 
そんな感じで
怒ることを避け、
無言か、平静を装った言葉を発しつつ
 
原因を排除して環境を整えていきました。
 
 
 
よく言えば
「失敗をさせない」(怒られる機会を減らす)
「成功体験のみさせる」
といった感じでしょうか。
 
 
でもいくらそうやっても
こぼれ落ちる「叱らなければならない状況」はどうしたって出てくるので
そんなときはガツンと
『これはダメ』
と言うようにしています。
 
 
 
 
そんなふうな育児をしていたら、
以前ママ友さんに
「私はすぐ怒っちゃうから、マキロさんの怒らない様子みてると、自分はダメだなーって思う。
怒らないように気をつけてるけど難しい。」
というようなことを言われました。
 
 
 
全然ぜんぜんそんなことは無いと思いました(>_<)
 
 
現に、そのママさんの子は
すごく行儀がいいし
ダメなことをわかっているし
だからといって、怒られることをビクビク怖がっている姿も見たことがありません。
 
 
むしろ、そんな親子を見ていると
 
「やっぱりしつけって大事だよね、、」
「叱って教えてあげるのも大切だよなぁ」
「私こんなんで大丈夫かな」
 
と、ふと立ち止まるときもあります。
 
 
巷には
怒らない育児の本が溢れていますが
 
怒らない育児が、その親子に合っているかはまた別で
 
子どもに愛があることが前提であれば、
怒るにせよ、怒らないにせよ、自分に合っているのが一番だよなぁと改めて思いました。
 
 まぁ、このあたりは
今の私の考えであって
この先「しつけ」に関しては沢山悩むのだろうなぁ~と思います。
とりあえず、1歳11ヶ月の息子を前にした私の記録。
 
 
ちなみに
力づくでも、無理やりでも、決行しているのは
「ベビーカーに乗せること」です。笑
今のところ他の手段がないし、待ちきれないので、絶対根負けしないで、おもちゃで誘いつつ、毎日戦っていま~す。( ;∀;)
 
 
 
育児書ではありませんが、「子どもの心」に焦点を当てた本として
オススメの2冊です(*^-^*)

 

子どもが転んだときに「痛くない!大丈夫!」と言ってませんか?の例に衝撃。↓

ちゃんと泣ける子に育てよう 親には子どもの感情を育てる義務がある

ちゃんと泣ける子に育てよう 親には子どもの感情を育てる義務がある

 

ヘルプでなくサポートを。知らず知らず、おせっかいになってしまう、全部やってあげてしまう優しさに喝。夫を育てる、という意味でも役立ちました。。。笑

子どもの心のコーチング―一人で考え、一人でできる子の育て方 (PHP文庫)

子どもの心のコーチング―一人で考え、一人でできる子の育て方 (PHP文庫)

 

 ランキングに参加しています。

いつもありがとうございます(*^-^*)

 にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

 

親に○○してもらえない幸せ。

土日はトンボ帰りのような短期間でしたが

実家に帰省していました。

 

f:id:hayabusacoffee:20170522222650j:plain

私の祖母の家にも行けた。

 

 

そして私、

最近

よ~~~~~~~~やく気づいたんです。

 

 

・・・・

 

実母に育児を干渉されない幸せって

ものすごく、ものすごく有難い幸せなんだということに。

 

 

息子のパンくんが1歳半くらいの半年前に

突然そのことに気づき(笑

 

実母に

 

「お母さんって、

私の育児に、何か意見言ったり、

こうしたほうがいいとか、

『干渉』しないよね。

それのありがたみに、今気づいたよ。」

と、ちびまる子のようにノホホンと言ったら

 

「今更、気づいたの?」

 

と笑われました。

 

 

母から「~~したほうがいいんじゃない?」と言われたことは皆無で

「(パンくんに)~~~しなくて大丈夫?」と聞かれることはあっても、

私が「~~~だから大丈夫。」というと、それに対して反論されることはなかったし、

帰省中はすべての食べ物を母が用意してくれましたが

パンくんに与えるものは「~~あげてもいい?」と聞いてくれるほどでした。

 

 

特に私が、干渉されたら超怒るとか、怖い、とかそういうタイプではないと(自分では)思っているし、

私に何か言われるのを恐れて母が遠慮しているのではなく、

単純に、母は

私の育児を尊重してくれているのだと思います。

 

 

第一子の育児で

神経質すぎるところや、逆に大雑把すぎるところなど

多分、見ていて口を出したくなるところは沢山あると思います。

 

でも、言わない。

 

 

そのありがたさや

幸せに

ここ最近、やっと気づいたのでした。。。。

 

 

 「母乳育児がキツかったときに、励ましてくれて嬉しかった」

「乳腺炎になったときに、知り合いに電話して、日曜日でもみてくれる助産師さんを見つけてくれて助かった」

「長期帰省でも、食事やパンくんの面倒をみてくれて嬉しかった」

「仕事復帰時に、料理苦手な私に常備菜や作り置きおかずを届けてくれた。」

「帰省すると、パンくんと遊んでくれて嬉しかった」

 

そんな、

「○○してもらえる幸せ」には

すぐに気がつき、感謝の言葉を述べてきましたが、

 

「○○してもらえない幸せ」「○○されない幸せ」

って、人間なかなか気づけないものなんですね。。。。

 

f:id:hayabusacoffee:20170522222414j:plain

ばぁばと遊ぶのが面白くてマネっこばかりしていたパンくん(@大おばあちゃん宅)

 

キッカケを得て、

最近、身のまわりの「~~~してもらえない幸せ」「~~~されない幸せ」「~~~がない幸せ」「~~~じゃない幸せ」探しをしています。('ω')笑

 

みなさんの「~~されない幸せ」ってなんですか?

 

 

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村 

ラ・ジェンド・ホテル東京ベイの感想~1歳児とGWディズニーランドの記録④~

さて、これでGWディズニーランド旅行の記録はラストです。
最後は泊まったホテルの話。

東京に住んでいるのにも関わらず、「東京」ディズニーランド(千葉だけど)まで
我が家からは、1時間半~2時間かかります。

朝から出かけて、夕方~夜までディズニーランドに滞在し、そのあと1歳児とともにラッシュの時間帯、2時間かけて自宅に戻るのはなかなか体力がいるため、
今回は、GW旅行だし、という言い訳もあり泊まることにしました。

格安で泊まれるディズニーランド周辺ホテルに限って検索しました。

結果、泊まったのは
半年前にできたばかりの
ラ・ジェンド・ホテル東京ベイ。

できたばかりで、口コミがほとんどなく不安だったため、
誰かの役に立てればいいなぁ、という気持ちを込めて、レビュー記事を書きたいと思います。

サービスは超最低限。そのかわりコスパと可愛さは最高なラジェンドホテル東京ベイ。

サービスの簡素さを箇条書きしますと

  1. 荷物運びセルフ
  2. ルームサービスなし
  3. アメニティは超最低限、インスタントコーヒー・ティーない、お茶のみ
  4. 朝食はお弁当のセルフサービス

といった感じ。

コスパと可愛さを箇条書きすると

  1. GW中日でも1泊1人あたり1万円台前半(ディズニー周辺ホテルは最安でも2万超)
  2. ホテルまでシャトルバスで15分
  3. システムと価格は格安ビジネスホテルだけれど、内装が可愛い。ランドのトゥーンタウンからキャラクターがいなくなった感じ。笑
  4. 徒歩1分のところに大きいコンビニ(ナチュラルローソン)がある。
  5. バストイレがセパレート
  6. すぐ近くに大江戸温泉物語。提携しているので割引チケットで入浴できる。

といった感じでした。


ホテル滞在時間が長かったり、
GWではなく平日に安く泊まれるなら、憧れのミラコスタやヒルトンなどに泊まりたかったのですが、、、

ほぼ寝るだけの利用。
今回は格安ホテルにして正解だったかな、と思います。

写真で振り返る、ラジェンドホテル東京ベイ。

f:id:hayabusacoffee:20170521142728j:plain

ランドの駐車場から出発し、
シーを経由してホテルへ。
赤い可愛いバス、ディズニーキャラクターは皆無ですが、見た目が少しでも可愛いと嬉しいものですね。


f:id:hayabusacoffee:20170521142846j:plain

着きました。


f:id:hayabusacoffee:20170521142923j:plain

受付をしているあいだ、
息子と夫は、ロビーのキッズスペースで遊んだり

f:id:hayabusacoffee:20170521143016j:plain
f:id:hayabusacoffee:20170521143046j:plain

ドリンクバー(宿泊者無料)でセルフウェルカムドリンクごっこしていたようです。


f:id:hayabusacoffee:20170521150226j:plain

f:id:hayabusacoffee:20170521143339j:plain
朝は朝食会場になる、広い飲食スペース。ベビーチェアも完備


f:id:hayabusacoffee:20170521143438j:plain

館内図はこんなかんじ。↓


f:id:hayabusacoffee:20170521143239j:plain


エレベーターにのって
f:id:hayabusacoffee:20170521215501j:plain


長い廊下を進みます。

f:id:hayabusacoffee:20170521150243j:plain



部屋はこんな感じでした!
部屋によってカラーは変わる模様。
f:id:hayabusacoffee:20170521143607j:plain



アメニティとかはこんな感じ。↓

f:id:hayabusacoffee:20170521150300j:plain

f:id:hayabusacoffee:20170521143733j:plain



f:id:hayabusacoffee:20170521143746j:plain



f:id:hayabusacoffee:20170521143804j:plain



トイレバスセパレートでした。


f:id:hayabusacoffee:20170521150351j:plain
f:id:hayabusacoffee:20170521215711j:plain


f:id:hayabusacoffee:20170521143900j:plain



キッズへの配慮も!

f:id:hayabusacoffee:20170521143928j:plain
スリッパアメニティはうれしかったようで、うまく歩けないのに喜んで履いていました。歯磨きも持参していましたが、どうしてもこれを使いたいという本人(1歳児)の希望でアメニティ使用。笑

f:id:hayabusacoffee:20170521144102j:plain

ベッドはツインでしたが
下がローラーだったので、
ベッドを移動して壁に寄せて、息子を壁側にして寝かせました。


トリプルの部屋にすると、
今回のツインの部屋と同じ大きさの部屋にさらにエキストラベッドを入れるようです。

大人2名添い寝1名(無料)でも、同額でトリプルの部屋が予約画面にでてきたのでツインかトリプルか迷ったのですが、部屋を広く使う方を選びました。


徒歩1分もかからない場所にローソンがあるため、
そこでお酒や飲み物、おつまみを買いました。
ルームサービス無くても、コンビニが近くにあれば、富裕層でないわが家には充分すぎる贅沢です。
他にもホテルのお客さんたちがたくさん買いに来ていました。


グッスリ寝て、朝。

防音については、可も無く不可も無く。

f:id:hayabusacoffee:20170521144745j:plain


朝食はお弁当のセルフサービスです。

いわゆる普通のお弁当か
カツサンド
の二択から選びます。

我が家は1つずつセレクト。
パックのコーヒーかお茶かオレンジジュースが選べました。
f:id:hayabusacoffee:20170521144837j:plain


なんと添い寝の子どもでも、
キッズ用のお弁当をいただけて、もれなく息子のパンくんも朝食を楽しめました。

f:id:hayabusacoffee:20170521150210j:plain

まとめ

今回、友人からいただいたチケットで入園し
ホテル代を、ラ・ジェンド・ホテル東京ベイで抑えたことで(1人1万円ちょっと)
パーク内にて、お土産や食事代といったものに、お金をつかって楽しむことができました。

ディズニーランド近くの公式ホテルやパートナーホテルの豪華さには劣りますが

格安でビジネスホテルの造りながらも、小さな工夫があって、
ホテルは近くであればどこでもいいかな、といった方には、ラジェンドホテル東京ベイはオススメかなと思います(*^-^*)


以上、長く続いたディズニー旅行記事はおしまいです。お付き合いありがとうございました。
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

ディズニー記事はこちら
「せっかく来たんだから楽しまなきゃ」からの解放。1歳児とGWディズニーランドの記録① - はやぶさCOFFEE
ディズニーランドに行ったらカメラセンターがオススメ!1歳児とGWディズニーランドの記録③ - はやぶさCOFFEE
写真で振り返る夢の国。1歳児とGWディズニーランドの記録② - はやぶさCOFFEE

産休から復帰して1ヶ月半。異常に疲れている。

昨日は、現実逃避したくディズニーランドにいったよの記事を更新しましたが、本当に書きたかったことは「なぜこんなに疲れてしまうんだろう」といったことでした。

 

泥のように疲れた今週。

今週は長かった。

 

本日の土曜日は夫が休日出勤であることが決まっていたため

パンくんと2人きりの土曜日、どう過ごそう?と決めることを楽しみにしていました。

一番に叶えたかったのは、

私以外まだ専業主婦であるママ友さんたちと会うこと。

ありがたくも、「土日で全然かまわないから、こちらからは誘いにくいから、マキロさんが都合イイ日に連絡して」と言ってくださったママさんたち。

巷で言われる「ママ友」とはまた違った関係を築くことができて、心のよりどころとなっている部分があります。会いたい。

 

次点は、以前同じ職場にいて、大変お世話になった先輩に会いに行くこと。(1年以上前のこちらの記事→育児の辛さは孤独と不安。恩師がかけてくれた言葉 - はやぶさCOFFEEで登場)

現在の私の職場のことを知っている恩師だからこそ

わかってもらえるのではないか、話すだけでスッキリするのではないか、そんな愚痴や悩みが溜まっていました。

 

 

でも、毎日、

時短終了時間まで、一分一秒を争うように仕事をして

ダッシュで電車に乗り、走らなくても間に合うのに、なぜかいつも保育園まで小走りになって迎えに行き

おなかが空いて機嫌が悪い息子のパンくんに補食をあげながら、家族の夕食を作り、

イヤイヤ期発動中のパンくんに夕食を食べさせて、

洗濯機を回し、洗濯物を干し、次の日の保育園の準備をして、

パンくんの歯みがきをして、夫がパンくんをお風呂に入れている間に

片付けや寝る準備をして、寝かせつけ。

気付いたら私も寝落ち( 一一)×今週だけで3回くらい。

起きて慌てて、自分の仕事の準備、明日の朝食、風呂、歯みがき

とやっていたら、

なんだか、今日明日のことを考えているだけで精いっぱいで

気付けば土曜日は豪雨との予報。詰んだわ(;_:)

 

 

なぜこんなに体力がないのだろう

なぜこんなに疲れるんだろう

もう生理も終わったのに。

 

 

そんな風に自分の身体のダルさ・重さ具合を実感していると

果たして週末の土曜日に外出できるのか、私は。。。。

といった具合にどんどん体力への自信が無くなってしまい

 

本日土曜日は、パンくんの皮膚科や私の壊れたメガネの新調(JINSにて。)、

あとは家でゆっくり、というプランになってしまいました。

 

 

お偉いさんの言葉に癒される。

実は今週、火曜日あたりに本気で疲れてしまい

「まだ火曜日、こんなんで持つのか。。。。」と、、。

 

毎晩「ダメだ仕事に行けない」と思っていたのですが

水曜日にあることがあり、気持ちを持ち直すことができたのです。

 

私の職場は年2回、社員全員が、職場で一番えらーーーいお偉いさんと

面談しなければいけないのですが、

水曜日に私の面談がありました。

 

まず開口一番に「産休復帰だけど、どう?」と聞かれ

良い子ちゃんぶって、模範解答的な発言を(時短勤務で、周りに負担をかけている分、限りある時間のなかで頑張っていこうと思っています的な)

したのですが、

そんなのは別にいいよ、といった雰囲気で

「気持ちは追い付こう追い付こうとしているけれど、身体がついていかないでしょう。」と言われました。・・・はい、そうです。

 

産休から復帰して働く女性社員を今まで見てきたけど

皆、だいたい夏より前までは、体力がもたないと言う、

私は男性だから産休はとったことがないけど、理由あって2年弱、今の仕事から離れたことがあったが、1~2年のブランクはとても大きくて、職場に戻った時に全く身体がついていかなかった。

でも、夏を過ぎたあたりから、みんな徐々に楽になってくるって言うよ。

今は、とにかく、思うように仕事が出来なくても、職場に来られれば良い、というくらいの気持ちでやって。

がんばりすぎていても、絶対続かないから。

 

ということとを言ってもらいました。

 

まさかこんなことを言ってもらえると思わなかったので

ビックリしてしまいました。

 

毎日NO雑談で、仕事に打ち込んでいたため

職場に悩みやちょっとした愚痴を言う相手も、時間もなく

言えるのはこのブログくらい。

そんななかで、ポーンとお偉いさんに労ってもらったことで

泣きそうになりました(こらえたけど。)

 

よくよく文字で起こせば、

言ってもらった内容自体は、本や先輩ママから聞いていたことだったなぁ

と思うのですが、

お偉いさん=「子育てと両立は大変だと思うけど、でも仕事は頑張ってね。」というイメージが先行していたので

 

権威主義的な発言かもしれないけれど

仕事上のお偉いさんが言うからこそ、「あ、本当に、そう思って良いんだ」と思う自分も、どこかにいました。

 

それから、私以外の先輩ワーママたちも

そうやって、最初の時期、体力がもたずに疲れていたのだ、ということを知ると

私が突出して「能力ない」「体力ない」「心が弱い」ではないのだな、と思えました。

 

 

最近、「私はどんな仕事も向いていないんじゃないか」

「私は思っていたよりずっと、職業人としての能力が低いんじゃないか」

「精神的な力が弱いのではないか」

と後ろ向きに考えていました。

 

修正!修正!!!!!

 

大雨の今日、ゆっくりパンくんと(現在お昼寝中)午後も2人きりの時間を楽しみたいと思います。

身体の疲れがとれれば、心も前向きになっていく気がする。

 

ランキング参加しています。


にほんブログ村 

ディズニーランドに行ったらカメラセンターがオススメ!1歳児とGWディズニーランドの記録③

息子のパンくん初ディズニーランドの記録第三弾は

アトラクションのチョイスミス

カメラセンターのオススメについてです。。

 

イッツアスモールワールドが休止しているせいで、完全にチョイスミスしたアトラクション2選。

チョイスミス=失敗

というわけではないのですが

あらかじめ「これに乗ろう!」と決めていたアトラクションで

パンくんは怯えていました。( ;∀;)

ディズニーランド、小さい子供も楽しめる、並ばない、ゆったり、雨の日もOK

といったら、まず最初に思い浮かぶのはイッツアスモールワールドではないでしょうか。

www.tokyodisneyresort.jp

に乗って「せかいじゅだれだぁーって♪」のメロディに合わせて

踊る人形たちを観ながらゆっくり世界旅行するといったものです。

だが、現在リニューアルに向けて休止中。( ゚Д゚)

 

そんな私が選んだのは

船つながり(&並ばない、待たない、ゆっくり楽しめる)という理由で選んだ

カリブの海賊

www.tokyodisneyresort.jp

そしてファストパスが利用できるアトラクションのうち

一度乗ったらゆっくり楽しめるものをチョイスした結果(乗車時間がプーさんのハニーハントや、バズライトイヤー、モンスターズインクの約3~4倍)

ホーンテッドマンション。

www.tokyodisneyresort.jp

 

リンク画像からもわかるように

暗いんですよね

しかもカリブの海賊に至っては、

最初こそルンルンランランで「船楽しい~♪」といった雰囲気のパンくんでしたが

序盤に割とスリルのある落下があることを忘れていて(;_:)

その落下以後、パンくんは

なんだかこれは怖いかもしれない、でも面白いかもしれない、でも怖いかもしれない

といった感じで

神妙な顔でじーーーっと見つめては

「がっこ!(抱っこの意)」。

そして、私が抱っこした2分後くらいには夫の方へ「がっこ!」

夫が抱っこした2分後くらいには私の方へ「がっこ!」

私が抱っこした2分後くらいには・・・と

エンドレス抱っこトレードリピートでした。笑

 

でも最初から最後まで泣くことは無く。

 

ニコニコパンくんが見られなかった、という点では完全なチョイスミスでしたが

なにかにビビって、私や夫に頼って抱き着く→怖いものから守ってあげる

というシーンは

我が地区にはナマハゲ👹などの文化もないため、

初めてのことでした。

 

ただ、子によっては

泣き叫んじゃうかもしれないスリルだったので

カリブの海賊やホーンテッドマンションは、その子の様子を見て乗ることをお勧めします(>_<)笑

 

ディズニーランド7.8回目にして初めて利用したカメラセンターがとてもよかった!

今回、こちらの本を買ってディズニーに臨んだのですが、

ポケット版 東京ディズニーランド&シー裏技ガイド 2017~18

ポケット版 東京ディズニーランド&シー裏技ガイド 2017~18

 

 カメラセンターの存在を、きちんと知ったのはこの本がキッカケでした。

www.tokyodisneyresort.jp

ディズニーランドにはフォトエクスプレスというサービスがあり、

その日にディズニーで撮った写真を、ディズニーランド限定・かつ期間限定のフォトフレームで現像してくれる

といったサービスがあるのです。

 カメラセンター(ワールドバザール)
アドベンチャーランド・バザール(アドベンチャーランド)
トレーディングポスト(ウエスタンランド)
ファンタジーギフト(ファンタジーランド)
トレジャーコメット(トゥモローランド)

カメラセンターだけでなく、上記の場所にいくと

富士フィルムが提供している現像マシンがあり

そこでデジカメやスマホの写真を登録して現像申請。

 

混んでいるGWに行った私の場合でも、1時間40分後に仕上がります、と言われ

その後、受け取りに行くと、こんな素敵な写真が!!!!

f:id:hayabusacoffee:20170512221859j:plain

 

たくさん印刷しすぎてもあれかな、

と思い7枚だけしか現像しなかったのですが

フレームが可愛くて(この時期のイベントフレーム、ディズニーイースターフレームもありました。)、

特別感があって、

 

パークを出てからバスに乗っている最中も

ずっと眺めてしまうほど

現像した写真×ディズニーフレームの威力は、意外と高かったです。

f:id:hayabusacoffee:20170512222334j:plain

ややディズニー価格ではありますが

トータル378円!

でも何度も何度も見返してしまい、こんなふうに記事に書きたくなるほど

何か心に残るものがあったので

個人的にオススメなサービスです(*^-^*)♡

 

 

ディズニーシリーズに長々とお付き合いいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村 

写真で振り返る夢の国。1歳児とGWディズニーランドの記録②

今日の記事では、ゴールデンウィークに行ったディズニーランド旅行を写真で振り返ろうと思います。

 

ブログをはじめてからというもの、

こうやって旅行やお出かけが終わった後、ちゃんと記事にすることで、振り返れるようになりました。

私は忘れっぽいので、そういう意味でもブログは大事な習慣かもしれません。

写真で振り返ろうディズニー

f:id:hayabusacoffee:20170506233153j:plain

乗換駅の東京駅では新幹線のパネルを発見して興奮したり、

舞浜駅では、私が「パンくんポーズとって!」と冗談で言いながらカメラを向けたら

座ってこっちを見て(・∀・)ニヤニヤするなど

だいぶ余裕のある息子のパンくんでした。

f:id:hayabusacoffee:20170506233555j:plain

 

しかし、

ディズニーランドのゲートをくぐり

入った瞬間、目がまん丸に。

降ろしても、歩き回る気は全くないようで

「がっこ。(抱っこの意)」「がっこ!」

パンくんは、もともとビビりなところがあるので

キラキラ夢の国ネズミ―ランドに完全にビビりまくっていたようです。

 

手持ち無沙汰な様子だったので

何かオモチャを手に持っていれば安心するかな?

と最初にワールドバザール(お土産売り場)に立ち寄ったのですがこのありさま。

f:id:hayabusacoffee:20170508204131j:plain

陳列するヌイグルミにすらビビり

へっぴり腰です。

 

しかし!!!!

そんなビビりなパンくんのもとに救世主が!!!!

f:id:hayabusacoffee:20170508204302j:plain

f:id:hayabusacoffee:20170508204355j:plain

ああトミカ様。さすがっす。

ディズニーのトミカコーナーを発見した途端

そこで初めて自発的に歩き出し、自分から手が伸びました。

 

もちろん買いました( ;∀;)笑

f:id:hayabusacoffee:20170508204545j:plain

 Amazonはやはり付加価値で高くなっていますが、現地では900円でした。(それでも普通のトミカの倍以上もするのね( ゚Д゚))

 トミカをゲットしてからは

だいぶいつものパンくんに戻りました。

f:id:hayabusacoffee:20170508205235j:plain

キャストのお姉さんに、初ディズニーおめでとう!のシールをもらったり

 

トゥーンタウンで、フリーの乗り物オブジェに乗って写真を撮ったりしました。

f:id:hayabusacoffee:20170508205333j:plainf:id:hayabusacoffee:20170508205413j:plain

今日だけちょっと特別ね、

なんて言い訳しながら

甘いもの(クリームチーズプレッツェル。皮の部分だけだけど)も食べたり・・・。

f:id:hayabusacoffee:20170508205546j:plain

 

さて、いきなり問題ですが

この顔は、何を見て怪訝な顔をしていると思いますか???

f:id:hayabusacoffee:20170508210149j:plain

初めて見る、まわるコーヒーカップ(アリスのティーパーティー)

カナリ衝撃的だったようで、

キャーキャー言いながら、人間がまわっている様子を、

ずーーーーーっと、じーーーーーっと見ていました。

 

全部が、全部、初めてだね。

f:id:hayabusacoffee:20170508210259j:plain

 

この後、

パンくんは「あまり並ばない」「3歳以下でも乗れる」「乗車時間がやや長い」という理由で

カリブの海賊と、ファストパス利用のホーンテッドマンション

というアトラクションに、立て続けに乗るのですが、

乗ったことある方はすぐ分かると思うのですが

完全なチョイスミスをしてしまい、パンくんにとってとても刺激的すぎる時間を過ごしました。笑(また別記事にします)

 

朝から刺激的な時間を過ごしたせいか

お昼寝の時間に、安心毛布を渡すとソッコーで爆睡。

f:id:hayabusacoffee:20170508210005j:plain

寝ている間は

職場へのお土産や、自分たちへの記念お土産を買いました。

記念お土産は、イベントグッズ(この時期はディズニーイースターでした)のウサギをお揃いで買いました。

f:id:hayabusacoffee:20170508210536j:plain

夫のチョイスです。(キモ可愛いがツボだった模様。)

f:id:hayabusacoffee:20170508211049j:plain

 

何をやっても爆睡しているパンくん。

我々も手持ち無沙汰になってしまいました。

なぜかというと、今回初めて知ったのですが

ベビーカーで並ぶことが、ほとんどのアトラクションで出来ないのです。

並ぶところから、ベビーカーでの入場は禁止。ベビーカーは外に並べて置いておきます。

なので、たとえば60分待ちのアトラクションに並ぶ場合、

たとえ11キロのパンくんでも、抱っこか、本人の足で立って待っていなければなりません。

 

寝ているパンくんを抱っこしたら、きっと起きてしまうだろうし

気持ちよさそうに爆睡しているところを起こしたくありません。

f:id:hayabusacoffee:20170508211439j:plain

という、私の気持ちをヨソに、いたずら好きの夫は、豚鼻にさせたり、ツンツンしたりしていましたが。。。。なおも爆睡。

 

そしたら

蒸気船マークトゥエイン号、という豪華客船もどきに乗るアトラクションは例外で、

「1階でしたらベビーカーのまま乗船できますよ!」と言っていただき( ;∀;)♡

パンくん寝たまま乗船!

出港までに起きるかな?????????

 

・・・・起きました。

f:id:hayabusacoffee:20170508211726j:plain

船はたのしかったようで、

グッスリ寝たこともあり、

ここからご機嫌モードがヒートアップ!!!!

船の上で歩き回るほどの余裕が出てきました。

 

ウエスタンリバー鉄道は予想通り、電車好きのパンくんは大はしゃぎ!!!!

f:id:hayabusacoffee:20170508211853j:plain

順番待ちの間から、

見える列車を見て楽しんでいました。ウエスタンリバー鉄道は、私自身も初めてだったのですが

これ、すっごくよかったんです!!!!

乗っている時間も長いし、コースも充実しているし、「このことは他の人には内緒だよ」と言われるゾーンがあるのですが、その秘密のゾーンもまた知らなくて。

とても充実していました♡ 電車好きの子には言わずもがな、キッズにオススメなアトラクションでした。

 

昼食は、事前予約していたクリスタルパレスレストランで

ビュッフェを食べました。お値段は大人3000円とやや高め??かな???といった感じですが、

予約できる系、ちゃんと食事できる系レストランの中では一番安いし、ビュッフェなのでお腹いっぱい食べれて、息子のパンくんも食べられるものをチョイスできるので、結果的にはコスパ良かったかな、と思いました。

f:id:hayabusacoffee:20170508212450j:plain

 

クリスタルパレスは以前も利用したことがあって、

味も、他のお店よりおいしい気がするし、何より混雑日に「並ばなくて済む」のは大きいです。

事前予約は面倒ですが(しかも私は前日までの予約を忘れて、当日に予約したので3時半という酷く微妙な時間になってしまった、しかしそれでもよかったと思える。)

f:id:hayabusacoffee:20170508212530j:plain

パンくんは、このシートのおかげでミッキーを覚えました(*^-^*)

 

3時半の、昼食兼夕食を食べ終わったら5時。

その後、アスレチック系の「スイスファミリー・ツリーハウス」で遊び

いついっても必ず並ばず入れるショー「スティッチの魅惑のチキルーム」を観て、

 

少し早いですが、パークを後にしました。(本当は、まだ見たことが無い、プロジェクションマッピングの夜のショーとやらを観たかったんだけど、夫が疲れてしまっていた( ;∀;))

 

子どもの記憶に残らなくても。

今回のディズニーは、頂いたチケットの期限が迫っていたから

という理由が大きく、もしそのチケットが無ければ

「あんな混んでいるところに、わざわざ」とか

「1歳の子連れて行っても、楽しめないんじゃないかなぁ」とか思って、きっと行かなかったと思います。

 

たまに「幼児連れて、ディズニーなんて、記憶に残らないのに。」と言う人もいますが(ディズニーに限らず、旅行なども含めて)

その気持ち、すごくわかるし、もっと強い意見の方なんかは「親のエゴ」とすら言うようです。

 

行ってみてわかりました。

うん、親のエゴです。

多分、パンくんは近所の公園のほうが安心してニコニコ楽しめたと思います。

刺激も強すぎたと思います。

天気も良すぎたので、暑かったかもしれません。

おうちでゆっくり、のほうが良いGWだったかもしれません。

 

 

でも、目をまんまるくして、アトラクションを見つめるパンくんや

びっくり!

怖い!

なんで?

どうなってるんだろう。

なんだあれは!?

 

普段見たことのない、パンくんの姿に、

私や夫はドキドキして、きゅんきゅんしました。

 

これに乗ったらパンくんどんな表情するのかな

キャラクターに会ったら怖がるかな

あれ、絶対パンくん好きだよね!

と予測したり

 

最後の最後、帰る直前で、なぜかトイレの前でクルクル回って踊るパンくんに

「今更テンション上がってきたんかーい!」と夫婦で笑ったり。

 

親のエゴでした。

とても満足させてもらいました。

 

パンくん付き合ってくれてありがとう。

 

 

次回は、チョイスミスしたアトラクションの失敗談と、

カメラセンターでの現像が穴場だった、という話を書き留めたいと思います。

ランキング参加しています(*^-^*)

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村 

www.hayabusacoffee.com

 

「せっかく来たんだから楽しまなきゃ」からの解放。1歳児とGWディズニーランドの記録①

ディズニー好きではない親が、1歳児とディズニーランドに行ってきました。

f:id:hayabusacoffee:20170506233131j:plain

GWはディズニーランドに行ってきました!
私も夫も、特にディズニー好きというわけではありません。嫌いでもありません。

どちらでもない私たちは、
まさか「激混み予想のゴールデンウィーク」「1歳児を連れて」ディズニーランドに行くという発想は本来ならば、無かったのですが、
去年の7月、結婚式を挙げた友人に、オーダーの上で製作した「花冠・リストブーケ・ブートニア」を渡したのですが、
そのお礼に「ディズニーランドチケット大人2枚分」をいただいたのです。( ;∀;)♡

その使用期限(今年の7月上旬まで)がすぐ目の前に迫っていたので、思い切って、
混んでてもしょうがない!という気持ちでディズニーランドに行く計画をしました。
 

f:id:hayabusacoffee:20170506233153j:plain

乗り換えの東京駅で、大好きな新幹線を見つけて、大興奮のパン氏

 

ゴールデンウィーク、意外と混んでいなかった?

どこも混んでるゴールデンウィーク。
ディズニーも当然混んでるだろうと思い、過去に入場制限があったかどうか調べていたら
「GWのディズニーは、混んでいるイメージが先行しているせいか、意外と混んでいない」という情報をチラホラ見かけました。
 
ネットの情報だけでなく、事前に買ったこちら↓の本にも同様に「意外と混んでない、近年GWで入場規制かかったことはない」との情報が。
ポケット版 東京ディズニーランド&シー裏技ガイド 2017~18

ポケット版 東京ディズニーランド&シー裏技ガイド 2017~18

 

 逆に混んでいるのは、年越し、クリスマス、春休み、夏休みだそうです。

 
え!!!ほんとうに!?!?
期待して乗り込みました。
 
実際の体感での感想ですが
「混んでいない」ということはなく
でもめちゃめちゃ混んでる、ということもありませんでした。
普通の土日より若干混んでるかな、程度でした。(一番混んでいそうな、なか日に行きました。)
 

当日のスケジュールとアトラクションの待ち時間

  1. ホーンテッドマンションのFPを取りに行く
  2. ワールドバザールでショッピング
  3. トゥーンタウンで遊ぶ、写真とりまくる
  4. ワゴンのスナックを食べて軽いお昼
  5. カリブの海賊にのる(待ち時間15分)
  6. ホーンテッドマンションに乗る(FP使用なので待ち時間ほとんどなし)
  7. パンくん昼寝、大人のお土産ショッピング@ワールドバザール
  8. 蒸気船マークトゥエイン号(待ち時間なし)に乗る
  9. ウェスタンリバー鉄道(待ち時間20分)乗る
  10. 当日予約したクリスタルパレスレストランでビュッフェ。昼食兼夕食。笑(事前予約を忘れていて、当日予約したところ15時20分という激しく微妙な時間しか取れなかったため夕食兼ねることに。待ち時間なし)
  11. カメラセンターでパーク内で撮った写真を現像に出す
  12. スイスファミリー・ツリーハウスで遊ぶ
  13. 魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”を観る。
  14. カメラセンターに現像とりいったり、最終確認ショッピングしたり。ちょっと早いけど、、、バイバイ!!

 

といったスケジュールでした。

 

f:id:hayabusacoffee:20170506233555j:plain

最近、私がカメラを構えると、なぜか決まって「座る」ポーズをとるようになったパン氏。

 

子どもとディズニーは、今までのディズニーと全く別物だった。

今までのディズニーは、

①小学生の頃家族と

②今の夫と

③ディズニー大好きっこの友人と

 

のどれかでした。

①、②は、

私が企画して「いろいろな裏技や攻略法を駆使して、できるだけ沢山の有名アトラクションに乗る」ことがテーマでした。笑(まだディズニー初心者のころだったので)

そのため、パーク内を小走りで急いだり、スケジュールを詰め詰めにして

「やりきったぞ!たくさん乗れた!!!そして楽しかった!!!!」といった体育会系ディズニーでした。

小学生のころは、並ぶこと含め、なにもかも初めてだったのでそれで十分たのしかったのですが。。。。

 

③は、同じく体育会系ディズニ―withパークの専門家友人、となるか

もしくは、きちんと座って鑑賞するショーや昼夜の大きなショーを楽しんだり、1時間近くおしゃべりしながらアトラクションに並んでゆっくり楽しむ大人ディズニーでした。

 

 

ですが、1歳児のパンくんがいる場合

予定詰め詰めの体育会ディズニーはもちろん無理。

着席ショーや並ぶこともゆっくり楽しむ大人ディズニーなんてもっと無理。

 

並ばない

待たない

急がない

予定を立てすぎない

長時間拘束されない

休み休みゆっくり

 
を、念頭に
選ぶアトラクションも、レストランも、スケジュールも調整しました。
 
選択したアトラクション
カリブの海賊、ウエスタンリバー鉄道は、土日でも20~25分以内。(そしてこの2つのアトラクションは列が流れやすいので、待っている時間も動いていられる)
マークトゥエイン号、ツリーハウス、魅惑のチキルームに至っては、大勢が一気に参加できるアトラクション・ショーなので、待ち時間はほぼ無し。
唯一並ぶ系アトラクションのホーンテッドマンションも、ファストパスがあったので並びませんでした。
 
でも、逆に乗りたかったオムニバスやジャングルクルーズ、アリスのティーパーティーなどは、待ち時間が長そうだったので、今回は断念したりしました。
 
 

せっかちな私だからこそ、with1歳児ディズニーを「逆に」楽しめた

体育会系ディズニーばかり経験してきた私は
ディズニーに行くと、いつもどこかでイライラしたり、焦ったり、ジタバタする瞬間がありました(>_<)
予定通り進まなかったり、
AよりBを先に並べば、もっと早く乗れたのに!と後悔したり
新しいアトラクションなんかは、
1時間かけてファストパスとったのに、ファストパスレーンでさらに並んで、なのにいざ乗ったらあんな一瞬で終わっちゃうの!?と悲しくなったり。笑
 
自分で自分に「楽しみにきたんでしょうが!!!!」と突っ込みたくなるほど
自分の性格が嫌になる瞬間がたびたびあった。それが「ディズニーランド」でした。
だからこそ、ディズニーが好きでも嫌いでもないのかもしれません。
(大嫌いだったら、そんなに頑張って乗ろうとしないもんね、、、)
 
 
でも今回
「一歳のパンくんと一緒」という大きなハンデ?があることで
私も夫も「ディズニーランドの雰囲気が味わえればOK」と、目的が一致。
タダで手に入れたチケットである、ということも大きいかもしれません。
 
「アトラクションに乗ることが目的ではない」
「着席しなきゃいけないショーは観ない」
「最悪、アトラクションもショーも何も参加できなくてもOK」
「散歩しつつ、ちょっとなんか食べて雰囲気味わえればOK」
 
と思ったら
今まで抱えてきた、得体のしれない「ディズニーランド、行ったからには楽しまなきゃ!」というプレッシャーから解放されたのでした。
そしたら、なんだかゆったり、リラックスして、本当の意味で楽しめました。
 
 
しばらくは、初ディズニーの記録として
ディズニー旅行記事が続きます(*^-^*)よろしくお願いします。
 
ランキング参加しています。

明日、仕事に行きたくない。

お久しぶりの、夜の更新です。

というのも、タイトル通りの吐き出したい気持ちがあって

ほぼネガティブな内容ですが、ご興味ある、物好きな方はどうぞ。

 

五月になっていないのに五月病

今日は4月の最終日。

5月になっていないのに、完全に5月病的症状が出てしまいました。

たぶん、4月いっぴスタートの方たちは

同じような気持ちの波の変化を感じているんじゃないかな、と勝手に思ってしまっているのですが。

 

今年のカレンダー(4月)で言えば

1週目(3日~7日)緊張・緊張・緊張で過ごす。乗り切ったことへの達成感

2週目(10~14日)緊張の糸が切れてきて、逆に1週間が長い

3週目(17~21日)要領が分かってきて、1週間が早い

4週目(24~28日)職場の人間関係が見えてきて、前半では見えていなかったものまで見えてくる。

 

といった感じでした。私は。

 

明日、明後日と行けばゴールデンウィーク。

楽しみな予定も入れました。

なのに、今日、実は1日気持ちが暗く、そして胃がむかむかしていました。

 

引きこもりたい

仕事内容、に関しては大丈夫です。

行けば、きっと「大丈夫だった、この仕事のこの部分が好きだった」と思える自分がいる気がします。

 

でも、仕事仲間の同僚と会ったり、上司と話したりすることに対して

すごく「うーーーーー」となってしまう自分がいます。

なぜだろう。

 

特定の、苦手な人もいなければ、この気持ちの原因となるような問題も起きていません。

うまく説明できないのですが

「自分の気持ちが不安定になること」

「職場でのトラブルの有無」や「人間関係の良し悪し」

必ずしも相関しているとは限らないと思うのです。

 

今回は特に自分の問題で

完全にPMS(月経前症候群)の影響が多い気もする。

PMS(月経前症候群)とは

月経の周期に伴って、月経の2週間ないし1週間位前からおこり、月経開始とともに消失する、一連の身体的、および精神的症状を示す症候群

 

  • 怒りやすい、反感、闘争的
  • 憂鬱
  • 緊張
  • 判断力低下、不決断
  • 無気力
  • 孤独感
など。(wikipedia)

 

 

とにかく自分の殻に閉じこもりたい。

家族以外の誰かと話したくない。

そんな感じ。

 

 

それでもどん底まで落ちないのは

こうブログに書いて吐き出して、なんとか気持ちを整えよう

と冷静になれる自分がいることに

「成長したなぁ」と思える部分もあります。

 

昔は、こういう気持ちになったときに

とことん落ち込んで、泣いたり、誰かに電話したり、食べまくったり、飲みまくったり、

さらにヒドイ時には、学校・部活・バイト・仕事を休んだりしていました。

 

そんなふうに 

何かや誰かに頼ったり迷惑をかけたり、ダメな自分をとことん排出していましたが

 

今は、「そこまで落ちれない」とどこかブレーキを掛ける自分がいます。

そんな自分になったのは間違いなく、出産してからです。

 

 

本当に、子どもが生まれてから

精神的に強くなりました。

 

簡単に、気軽に

甘えてなんかいられません。

助けを求めてばっかではいられません。

 

 

誰かの保護者になるということは

誰かに保護してもらいたいという甘い考えを外へ追い出してくれるのかもしれません。

 

 

甘えることも時には大事かもしれませんが

過去の自分は、割と、いろんな人や物に甘えすぎでした。

 

 

明日、仕事に行きたくない。

でも

必ず行くんですよね~・・・・

がんばれ、母の私!!!!!

 

ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村