hayabusacoffee

精神安定したいならテレビやニュースを観るのを止めた方が良い

育児中っていうのはそれだけで

精神を消耗するなと思っています。

 

もちろん精神的に豊かになる面もめちゃくちゃあります。

ただ、振れ幅がすごいというか。

 

 

「あ〜〜かわいいな幸せだな穏やかだな面白いな」って

思う時と

「本当にしんどい、疲れた、1人になりたい、ゆっくりしたい」って

思う時もありますよね。

 

 

肉体的にも精神的にも

たくさん喜んで

たくさん疲れるのが育児

f:id:hayabusacoffee:20200923143216j:plain

「寝顔は可愛い」はそういうこと

 

 

そんな私が最近止めたことがあります。

それがタイトルにもあった

テレビやニュースを観ること。

なんとなくテレビをつけることをまず止めました。

(半沢直樹とかドラマは見てる♡)

 

 

ニュースというのはTwitterをはじめとした、SNSも含みます。

ある時から、

「なんとなく人の感情をもらう」ことはやめよう、と本気に思って、テレビをつけない生活にシフトしました。

(子供達はEテレをはじめ、フツーに見ています笑 なのでテレビ無し育児ではありません〜。笑)

 

 

「話を聞いてもらう」は本来コストがかかるもの

人に自分の話を聞いてもらうとか

多くの人に自分の主張を届ける

ためには、本来コスト(代償)がかかります。

 

人に話を聞かせるポジションまで上るとか(出世)

フォロワーをたくさん獲得するとか

有名人になる、とか。

 

 

この記事を読んでくださっている皆さんも

貴重な時間を、この記事を読む時間にあててくださっているわけです。

でも、ただ何も考えなしに読むことを選択している訳ではないと思います。

 

  • タイトルにピンときたから
  • マキロの書く文章がそこそこ好きだから
  • 暇なところにポンと更新されたから

とか、理由があって

(無意識下であったとしても)時間を割いても良い、と思ったから

読んでくださっているんですよね。

 

 

 

テレビを始めとした「メディア」も、

無料だから、

 

コストをかけている、代償を払っている意識を持ちにくいですが

やっぱり、代償は払っているなと思います。

 

それが感情。

 

 

悲しいニュースを見たり

腹立たしいニュースを聞いたり

コメンテーターの意見を聞いたり

新しい情報を得たり

 

する中で、

 

私たちは感情を動かされまくっています。

 

 

「悲しい」「腹立たしい」以外にも

行列の話題のお店、や

最新ファッション、や

ダイエット特集、なんかを見ながら

 

「こうであるべきだ」とか

「こういうのが幸せなんだろうな」とか

「(他所を見て)羨ましいな」とか

 

そういう感情を掻き立てられて

感情を動かされる、という代償を払いながら、テレビを見ています。

 

 

それで幸せならOKです。

全然否定しません。

 

 

ただ、ただでさえ感情を振り回される育児中に

さらに他所から感情を仕入れなくてもいいよな、もう疲れたよ、

と思って、テレビを観ることを止めたら

SNSを観ることを止めたら

 

 

めちゃくちゃ幸福度が上がりました(自分比)

f:id:hayabusacoffee:20200923145517j:plain

「ママン最近プンプンしてないのはそれのおかげ?」

 

 

 

今は、テレビは見ないし(ドラマは観るw)

SNSでは自分の好きな人のものだけ。

YouTubeは観るけど好きな人のだけ。

小説も実用本も、好きな人のものだけ。

 

好きな人、尊敬できる人の言葉で溢れた日常を過ごしてます。

 

 

知ることが大切と思っていた。

 

昔は真逆で。

知ることが大切だと思っていたんです。

虐待のニュース

性被害のニュース

差別のニュース

事故のニュース

 

 

それは今でも変わりません。「知ることは大切」だ、とは思います。

 

 

ただもっと大切なものがあると思うようになりました。

 

 

遠くの悲しいニュースを知って「自分にできることは?」と考えることは大事だけれど、

 

それよりも近くの存在、

手に届く範囲の幸せ。

 

自分や家族、親しい友人

そういった存在と笑顔で関わって

近い存在を幸せにしていくことの方が

結果的に世界平和に繋がるのではないかと思うようになりました(世界平和とか言ってすみませんw)

 

 

結果、我が家は以前よりずっと平和になりました。笑

ニュースを始めとした

他所の感情を仕入れることを止めてからです。

 

 

 

また何十年後かには考えも変わっているかもしれません。

でも、今はそこまでの余裕はないから

育児中は特に、

自分と家族

だけを見ていけば良いと思います。

 

 

長い独り言でした。

ここまでお読みいただきありがとうございました。