hayabusacoffee

フルタイム激務仕事を辞めた効果が!時間差で現れてきた。

無理しない

嫌なことやらない

やりたくないことはやらない

がんばらない

 

の効果、すごすぎる~!!

 

と感じているマキロです。

ブログ習慣化3日目、今日も読んでいただきありがとうございます。

 

仕事を辞めた、ただそれだけで

フルタイム激務な仕事を辞めて、

もうすぐ丸2年。

 

辞めた直後に性格がイキナリ変わる!

ということは当然なく。

 

辞めた直後にやってくる

精神的な解放感、や

決断できた感、

 

を味わった後には

 

身体に染み付いた

いわゆる社畜脳、といいますか、

頑張らないと苦労しないと努力しないとの波がやってきました。

 

「仕事はがんばるもの」

「だから努力して、自分で稼ぐ力をつけなきゃ!」

「やろうと思ってるのになんで出来ないんだ!?」

 

と心の中の松岡修造がファイトファイトやればできる!と言っていました。

 

(根性のイメージの松岡修造さん、ちゃんとインタビュー記事とか読むと、本当は根性の人じゃないんですよ。すごい相手を見てる人で、知れば知るほど奥深い人でした)

 

でも

2年目に差し掛かってきたあたりから

なんだか変わってきました。

 

すごく自由になり

自分自身がさらに好きになりました。

 

 

単純に、環境が変わったからだと思います。

ただし、

たかが環境

されど環境

 

環境ってやっぱりすごいね。

 

 

 

フルタイム激務やってたときは

チームプレイで仕事してたので

 

基本、人に気をつかっていました。

 

業務内容も、人の命を預かる仕事だったので

気が抜けず

45分の休憩時間は、

ほとんど誰も使わない階段があったのですが

そこの隅っこで

丸くなって目をつぶっていました。

 

(↑やばいな…(^q^))

 

 

そうしないと、次の会議時間までに、体力気力が回復しなくて。。。

 

我慢や気を遣うことが日常化する

我慢したり、気を遣ったり、

ありがとうございます、すみません、

助かります、○○さんのおかげです、

そ~なんですね!すごい!

なるほど~!!

 

 

そのスキルのおかげで

得たもの得た関係あったけれど

 

得れば得るほど苦しいみたいな。

 

でも。

日常化してると全く気づかない。

 

よく言えば耐性がついてくるわけです、

悪く言えば「麻痺」してくるんです。


f:id:hayabusacoffee:20200205163509j:image

 

一人の時間が死ぬほど大事

人と関わること

人とおしゃべりしたり、相談したり、チームで成し遂げたり、評価してもらったり

 

そういった「人」との関わりによって、元気をもらうタイプの方もいる世の中で

 

私は逆でした。

 

完全に、一人の時間があってこそ、ひきこもれる時間があってこそ

元気になるタイプなんだと

この一年でめっっっちゃわかりました。

 

子育てしてると、退勤してからも一人の時間ないしね、、。

 

なんか、そこそこ人とコミュニケーションとれるし、

そこを評価してもらえることが多かったから

わかってなかったんですよね、

 

あれ?人と関わるスキル高いのかな私?って(^o^)

 

「できる」と「すき」は

別物。

 

それがわかって、

 

できても、すきじゃないこと

できても、しんどいこと

手放す方針にしたら

なんかすごく気持ちが穏やかになりました。

 

 

「出来る」と

「好き」は別物。

どっちを選んでもいいし、

 

置かれてる状況では、

選べないときもある。

 

ただ、「出来るけど、好きじゃないんだな」

「誉められるけど、疲れるんだな」

ってこと、自覚してるとしていないとでは全然違うよね。。。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました(*^^*)