hayabusacoffee

『気軽に人を呼べる家にする』ための、「片付ける」以外の解決方法とは。

私は気軽に人を家に呼べない。

(私個人の基準の)“ちゃんと片付いてる状態”になるのに時間がかかるからである。

「あ、ついでに家でちょっとお茶して

いかない?」とか絶対に無ー理ー。((((*゜▽゜*))))

逆に、そう言われてお邪魔すると、「すごいなぁ、、いつ人が来ても良い状態にあるなんて..」と思ったりする。

 

一度、ちょうどガルガル期な産後に、義妹が「飲み会の帰りに泊めて欲しい」と当日に連絡が来たときには、あからさまに「それは困る」感が態度に出てしまい、ガルガル期が明けた頃に反省したことも。(>_<)

 

今年は「気軽に人を呼べる家」でありたいなぁという願いを、「こっそり目標」として掲げている。

 

「気軽に呼べる」、それは片付ければいいわけじゃない。

「人を気軽に呼べる」ようになるために、なにをすれば良いかってもちろん

片付け!掃除!

な訳だけど、

それ以上に大切なのは、心の中にあるストッパーを緩めることだと思う。

 

人のお宅にお邪魔したときに

ピシッと隅々までキレイにしている家もあれば、正直「あ、この程度で人を呼んでもいいんだ...」と、少しビックリ&少し安心感を持つような家もある。

これは主観的な感想だけど、そこそこ散らかっている家でもちょくちょく招いてくれる友人は、どこかオープンな雰囲気があって懐が深く、友人の数が多い印象がある。

 

不潔、不衛生でなければ全く苦で無いし、むしろ抜かりなく綺麗にしている家より安心感すらある。(汚しちゃいけない!という恐怖心がないためなのか、人が暮らしている感があるからか、心を開かれている感があるからなのか。)

 

子どもがいればおもちゃは

散乱するし、食べれば食器は汚れるし、皿を洗えばシンクに水垢はつくし、生きていればホコリも溜まる。

 

隅々までキレイにしている家に行くと、「すごいなぁ」「立派だなぁ」と心から思うけど、「ふーんそうなんだ」程度の感想であって、その程度なのだと思う。

 

でも、そうはわかっていても、いざ自分の家に誰かが来てくれる!となると、「掃除しなきゃ!」となるし、「さぁ今から我が家へgo!!」はまだまだ先になりそう。

 

部屋を常にキレイにしておきたい、という気持ちは持ちつつ、心のストッパーを緩めていきたいなぁと思う。

ここ何ヵ月か、来客が多いのだけど、やっぱり家だとゆっくり過ごせるし、妊婦なので移動がないのは有難いし、特にママ友相手だと子供が自由に過ごせるのは本当に気が楽。

 

ただ、私の「いつもより綺麗な部屋で、お客さんを出迎えたい」という、見栄に近いおもてなしの心はそれはそれで大事だと思う。

来客のたびに、「よし、掃除しよう!」と部屋がキレイになるので良いキッカケにもなる。

 

過去に公開した、渾身の(片付けによる)Web内覧会はこちら↓

実は、「気軽に人を呼べる&部屋をキレイに保つプロジェクト」の1つとして、近いうちにインテリア中心のインスタアカウントを始めようと思っていますヾ(o´∀`o)ノ

渾身のWeb内覧会2018!私の大好きなリビング編 - はやぶさCOFFEE


f:id:hayabusacoffee:20190127191309j:image