hayabusacoffee

【断捨離】とりあえずメルカリに出す→売れなきゃ捨てるをルーティーンにすると意外と稼げる。&メルカリ再開の理由。

今週、「勝手に断捨離ウィーク」をひとりで開催しています。マキロです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

「とりあえずメルカリ出品、売れなきゃ捨てる」を運動のように

  • とりあえず出品してみる
  • 相場より数十円安く出品
  • イイネが全然つかない(欲しがっている人が全然いない)or2週間経っても売れない→捨てる

というのを、毎日の運動のようにルーティーン化していくと

意外と稼げるかも?

そのうえで、断捨離できるかも?と思えてきました。

 

f:id:hayabusacoffee:20181214170040p:plain

今週メルカリで売れたものリスト

今週の平日5日間で売れたものはこちら

  • 読んだばかりのファッション誌(399円)
  • 原価ちょっと高めの専門書(850円)
  • ブランド品のリップグロス(1790円)
  • ノベルティでもらったポーチ(550円)

計3,589円の売り上げ。

利益は、手数料(10%)と送料(185円×4)抜くと

利益は2,490円となりました。

 

これを「安!!!たったそんだけ!?」と思うでしょうか。

もともと捨てたいものだったなら「ゴミが現金に!稼げてる!!」と思うでしょうか?

 

フルタイム勤務のときは「こまごましたもの売っても稼げない」と思っていた。

フルタイム勤務していた頃は

ガーーーーっと働いて

ガッとお給料もらって

ストレス発散に、ガッと使っていた

ので

2500円ちょっとのお金のために

「梱包したり、やりとりしたり、めんどくさい」

って思っていたと思います。

 

物がありすぎるとストレス溜まるので、

「断捨離だ!」となったら、ガツンガツン捨てていたし。

捨てることで解決しようとしていました。

 

メルカリ=苦にならない作業=相性が良い

ただ、フルタイム勤務を退職、

不安定な、けれど自由に動ける自営業になってから

自分で業務内容や時間をコントロールできるようになったので

 

隙間時間に、気軽にそのへんのものを出品することができるようになりました。

 

そして最近気づいたことがあります…!

 

「私、メルカリの作業まったく苦じゃない!!」

 

 

スポンサードリンク

 

 

作業を細分化したら、好きな項目が上回っていた。

  • よく魅せるための写真を撮る(結構好き)
  • 説明文入れる
  • 値段の相場調べて、売る価格決める(結構好き)
  • 梱包する(結構好き)
  • 発送する(ちょっとめんどい)

 

物撮りは大好きだし(化粧品売るときは、求められてもいないのに、ドライフラワー添えちゃったりする笑)

 

相場の価格調べて値付けするのは、なぜか最高に楽しい。(相場より10円安くするだけでライバル出品より早く売れる。値下げしすぎると利益でないから見極め重要。)

 

そしてキレイに、無駄なく梱包するっていう作業が、これまたなぜか好き。

 

作業が苦じゃないと、ルーティーン化さえすればずっと続けられる

たとえば、クラウドワークスでのライターのお仕事なんかは

稼げるけれど、コンディションによっては

「ああああああああああもうううううう無理かけない無理っす!ストレスです!」みたいな状態になるときもある。

 

ただ、クラウドワークスは資格不要で、ライター初心者から稼げるから副業としてオススメではあります↓

 在宅ワークならクラウドワークス

 

専門職のバイトもやっているけれど、人前で話さなければならず、「今日、なんか、しんどい…」的な状態にもよく陥る。

  • 決められた文章を書く
  • 人前で話す、相手に合わせて適宜対応を変えていく

みたいなのは、そこそこ得意だけれど

エネルギーが必要で、「苦じゃない作業」ではないんだと思う。

 

お金のためにやっていたのに…初めて感じたこと。

実は、「苦じゃない作業」なんじゃないかって薄々気づいていたんです。

というのも、思い返せば私、ネットフリマ歴がかなり長い!

 

中高生からのネットフリマ好き

初めてネットで物を売ったのは

中学1年生の時でした。

「掲示板」が流行っていた時に、

中高生の女の子があつまる「フリマ板」に入りびたり、

 

私服高校の高校生時代は特に、

月々のお小遣いでは買えない(中高生があこがれる系の)ブランド物の服を買ったり、似合わなかったら転売したり、自分自身の着なくなった服も売ったりしていました。(そのころは定額小為替っていう紙の為替でやり取りしてた)

 

そのころは「服が欲しい!」or「稼げるから楽しい!」

というモチベーションでやっていたけれど

 

最近はガツンガツン捨てていたころの自分を反省するかのように

「物を必要な人に届けられる」

そのうえで「お金が稼げる」ありがたみを感じています。

 

大好きだった人の使わなくなった看護用品も、必要な人のところへ

メルカリでの不用品販売は、最近「再開」しだしたのですが

再開のきっかけは

大好きな人の(もう使わなくなった)看護用品・介護用品を売る、という役割でした。

 私にとって、大好きで尊敬していた人は、病気で亡くなってしまいました。

使う人のいなくなった看護用品等を「誰かほかの人に」ということでその役割をいただけたのです。

 

マイナーな看護用品なんて売れるのかな?と思いながら

「とりあえず出品してみよう」と

ほとんど利益なしで出品したのですが

時間は1ヶ月ちょっとと、かかりましたが

出品したほぼ全ての看護用品が、必要な人の手に渡りました。

 

やりとりのメッセージの中で気づくもの

長年メルカリをやっていると、ほぼ無言、ほぼメッセージなしで取引終了する場合もあるのですが(お金をいただいているので、これについては何も思いません)

看護用品の取引に関しては

「看護師をしています。訪問介護に使わせていただきます。」

「今使用しているものと全く一緒のサイズだったのでよかったです」

言っていただき、

本当に使っていただけるのだ、と

出品したものが役に立てそう、と思うことができました。

出品のほとんどが、新品未使用未開封のものだったため、お仕事で使う方にも見てもらえたのかもしれません。

 

ただただ「服」や「お金」のためにフリマをしていた頃とまた認識が変わり、

もちろんお小遣い稼ぎのためのメルカリではあるけれど

 

ただ捨てるんじゃなくて

必要な人のところへ届ける

 

という気持ちでやっていったら、ただの作業も気持ちが温かくなるな。。。と思ったのでした。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます( *´`)

 

メルカリ、一応紹介コードがあって、

今は「くじ引き券」っていうのがもらえるらしいんですけど(最大1万円分のポイントらしいが、このくじ引きってあんまり期待してないw)

もし、これからメルカリやってみようかな、と思う方は

当たるかわかりませんが、くじ引き券もらえるこちらのコード使ってみてください♪

マキロの紹介コード→GSCMJS

 

スポンサードリンク