はやぶさCOFFEE

2015年に出産した男の子「パンくん」との日々をつらつらと書いています。 hayabusacoffee@gmail.com

親に○○してもらえない幸せ。

土日はトンボ帰りのような短期間でしたが

実家に帰省していました。

 

f:id:hayabusacoffee:20170522222650j:plain

私の祖母の家にも行けた。

 

 

そして私、

最近

よ~~~~~~~~やく気づいたんです。

 

 

・・・・

 

実母に育児を干渉されない幸せって

ものすごく、ものすごく有難い幸せなんだということに。

 

 

息子のパンくんが1歳半くらいの半年前に

突然そのことに気づき(笑

 

実母に

 

「お母さんって、

私の育児に、何か意見言ったり、

こうしたほうがいいとか、

『干渉』しないよね。

それのありがたみに、今気づいたよ。」

と、ちびまる子のようにノホホンと言ったら

 

「今更、気づいたの?」

 

と笑われました。

 

 

母から「~~したほうがいいんじゃない?」と言われたことは皆無で

「(パンくんに)~~~しなくて大丈夫?」と聞かれることはあっても、

私が「~~~だから大丈夫。」というと、それに対して反論されることはなかったし、

帰省中はすべての食べ物を母が用意してくれましたが

パンくんに与えるものは「~~あげてもいい?」と聞いてくれるほどでした。

 

 

特に私が、干渉されたら超怒るとか、怖い、とかそういうタイプではないと(自分では)思っているし、

私に何か言われるのを恐れて母が遠慮しているのではなく、

単純に、母は

私の育児を尊重してくれているのだと思います。

 

 

第一子の育児で

神経質すぎるところや、逆に大雑把すぎるところなど

多分、見ていて口を出したくなるところは沢山あると思います。

 

でも、言わない。

 

 

そのありがたさや

幸せに

ここ最近、やっと気づいたのでした。。。。

 

 

 「母乳育児がキツかったときに、励ましてくれて嬉しかった」

「乳腺炎になったときに、知り合いに電話して、日曜日でもみてくれる助産師さんを見つけてくれて助かった」

「長期帰省でも、食事やパンくんの面倒をみてくれて嬉しかった」

「仕事復帰時に、料理苦手な私に常備菜や作り置きおかずを届けてくれた。」

「帰省すると、パンくんと遊んでくれて嬉しかった」

 

そんな、

「○○してもらえる幸せ」には

すぐに気がつき、感謝の言葉を述べてきましたが、

 

「○○してもらえない幸せ」「○○されない幸せ」

って、人間なかなか気づけないものなんですね。。。。

 

f:id:hayabusacoffee:20170522222414j:plain

ばぁばと遊ぶのが面白くてマネっこばかりしていたパンくん(@大おばあちゃん宅)

 

キッカケを得て、

最近、身のまわりの「~~~してもらえない幸せ」「~~~されない幸せ」「~~~がない幸せ」「~~~じゃない幸せ」探しをしています。('ω')笑

 

みなさんの「~~されない幸せ」ってなんですか?

 

 

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村