はやぶさCOFFEE

2015年に出産した男の子「パンくん」との日々をつらつらと書いています。 hayabusacoffee@gmail.com

想像力が広がって、お出かけが格段に楽になった。(3歳)

昨日、久しぶりに三井アウトレットパークへお買い物に行ったのですが

過去最高に、楽に過ごすことができました。

要因は息子パンくんの想像力の拡大。(カッコよく言ってみた!笑)

 それゆえ、一人で勝手に楽しめることが増えてきたのです。

 

数週間前から、レベルアップした「一人遊び」

ここ3ヶ月くらい、お風呂を入る前に

「お風呂入りたくない!まだ遊びたい!!」を飽きずに毎日やっているパンくん。

こちらもやり合う気はないので

「じゃぁお母さん階段で待ってるから、遊び終わったらおいでね。」

と言って階段でスマホいじりながら待っています(我が家は二階リビング一階お風呂)

 

昔は、そこから長くて2分くらい経ったら

「お母さん一緒に遊んでよッ!」と怒るか

「行く~~~♡」と慌ててやってくるか

すぐに反応があるのですが

 

ここ最近は

待てど暮らせど来ない。

なにやってるんだろう?と耳をすますと

「つぎは、トーマスにのります」

「がたんごとーん、がたんごとーん」

「ドアがしまります、ごちゅーいください。」

「あっ、おちちゃった」

「ひろえば、だいじょうぶだよ、ね??でしょ??」

「みんなでつかおうね」

「どっちがいい?こっち? うんいいよ」

 

と一人遊びをずっとしているんです。( *´艸`)かわいい

 

1人になると、ものがたりモードが始まる。

今まで、大人が一緒に遊んでくれないと、上手に遊びができなかったり、

1人遊びといっても、無言でプラレールを動かしたり、無言でひたすらおもちゃで遊んでいたパンくん。

 

それが、ここ最近は

言葉がさらにグッと発達して、

自分の中で、お話ができたり

おままごとのようにやり取りする姿がたくさん増えました。

 

 

ここで変に私が

「次はトーマスに乗るの?」と聞くと

パッと我に返り、

「おかーさんもあそぶ?」となってしまいます。(それはそれで良いのですが)

 

あえてほおっておくと

パンくんが完全に自分の世界に入って

物語を楽しんでいるような様子になり

 

頭の中でぶわーーーーっと

何かが広がっている様子がわかって

 

それを見ている時間が

私にとって最高に至福の時間です(*´ω`) 笑

 

f:id:hayabusacoffee:20180701225451j:plain

ベビーカーでも一人遊び、ただ歩いていても一人遊び

アウトレットにいる間中

超ごきげんでニッコニコだったパンくん。

 

こんなに一日中ご機嫌な息子を見たことがあまりなくて

一日通して

「なんでそんなにご機嫌なのー?」

「ほんとかわいい。」

「なにあれ、かわいすぎる…」

「パンくん、今日ほんと楽しいね(*´ω`)」

を繰り返していた私。

 

どんな時も、平穏な自分でありたいなぁと思うし

息子の機嫌を自分の機嫌を連動させてはいけないと思いつつ、

 

やはり、息子がニコニコご機嫌だと

自分はもっともっとご機嫌になります。笑

 

ベビーカーに座っていても

店の中を歩いていても

 

・変な歩き方にワザとして、自分で自分に笑ったり

・服屋で鏡を見つけては変顔をしてみたり

・私が離れて、夫とパンくんになると、「お母さん探し」を勝手に始めたり

・持っていた電車のオモチャで独り言を言い始めたり

 

なんかぁ

なんかぁ~

なんかしたいぃぃぃ…

なんかあああああ

と言っていた1か月前がウソのように

 最近パンくんが
「なんかしたい~」
「なんかぁ~」
「なんか、なんか…」
と不機嫌そうな顔で、私に要求してくることが増えました。

「手のかからない子」を育てているママさんほど要注意。【はてな読書会】第二回課題図書感想♪ - はやぶさCOFFEE

 ひとりじかんを楽しめるようになってきました。

 

想像力は、引き続き伸ばしてあげるようにしたい

これがいつまで続くかわかりませんが

私はパンくんが、いろんな言葉を使って

没頭して一人遊びしている姿を見守るのが

たまらなく好きなので(一緒に遊ぶのは下手くそでやる気ないけど

エンドレス「お母さん一緒に遊ぼう」に疲弊する日もあるけど、2人目を考えるのはまだ尻込みする。 - はやぶさCOFFEE

 

そういう想像力とか、それを支える「美しい言葉たち」が増えたらいいなぁと勝手に思っています。

 

保育園の行き帰りの通学路で必ず

「今日の空は?」の話について語り合う遊びをしています。笑

 

青空、くもり空、夕焼け空etc....

「全部青いから、青空って言うんだよ。」

 

パンくんは「色」への関心が昔から強いので

「くろの空は?」とか

「ぜんぶ青い空は?」とか

「ちょっと白があるから、くもりー」とか

段々わかってきました。

 

絵本も、保育園で真剣に読んでいるようなので

家にも徐々に増やしていきました。

最近パンくんが「これ欲しい」と言った本は、これとこれ↓

 

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

 

 

かくしたのだあれ (どうぶつあれあれえほん)

かくしたのだあれ (どうぶつあれあれえほん)

 

 両方とも、

私自身子どもの頃だいすきだった絵本なので

びっくりしました。

保育園で読んで記憶に残っていたからなのかもしれないけれど

良い本は世代を超える

を実感して、嬉しいです。