はやぶさCOFFEE

2015年に出産した男の子「パンくん」との日々をつらつらと書いています。 hayabusacoffee@gmail.com

やりたいことがわからなかった自分が、行動できるようになった理由。

私は行動できない人でした。

 

中学生時代の通信簿には

「良い見通しや確信がないと、なかなか一歩を踏み出せない」と書かれていました。

 

それはやる意味があるのか

良い結果になるのか

頑張って無駄にならないのか

 

先を読んでは尻込みし、背中を押してくれる存在や、引っ張っていってくれる人を求めていました。

やるからには結果を出したい、という完璧主義者だったのかもしれません。

 

f:id:hayabusacoffee:20180626164305j:plain

 

 挫折から人生は始まる

そんな私が今アクティブに行動できているのは、挫折、それから自分への諦めのおかげです。

 

・皆と同じように頑張れない

・皆と同じように継続できない

・皆と同じように、同じ組織の中に所属し続けられない

 

 

そんな自分に嫌気がさし、たくさんたくさん自己嫌悪を究めました。

ダイエットを頑張ったり、憧れの人をつくって目指したり、自己啓発本を読みまくったりしました。

 

 

 

結婚を経て少し回復したものの

 

新生児育児という「宇宙人とのコミュニケーション」で

完全に

「思った通りにはならん」「赤ちゃんはもちろん、自分ですら管理できない」

ということを悟りました。

 

その後

フルタイムワーママに復帰して

自分ではどうにもならないけれどとにかく頑張り続けなきゃいけない状態

のバリエーションがさらに増えて

 

結果

こんだけ必死に頑張るだけの理由が見つからない

簡単に言うと、コスパが悪すぎるという理由で

仕事を辞めました。

 

 

未だにこのブログで自分の前職の肩書を明かせないのは

「いや、簡単に辞めるなよ!もっと仕事がんばっていたら、救われる人がたくさんいたかもしれないじゃん!」と言われてしまう気がしたからです。(半分以上は自意識過剰です)

 

 

何かを手放せば、必ず何かが入ってくる

仕事を辞めるとか

安定した職業を手放すとか

必ず入ってくるお給料を捨てるとか

 

すごく怖かったし、

ずっと悩んでいたけど決断できなかったし

 

「今就いている仕事の他に、すごくすごくすごくすごくすごくすごくすごおおおおおおおくやりたいこと」が無ければ、辞めてはいけないと思っていました。

 

特に、前職に関しては

親の期待に応えたい

親に喜んでほしい

という、子どもの心が、ずっとずっと、いたんです。

 

前職を辞めることは、

「親への裏切りになる」

と本気で思っていました。

でも…。

 

辞めた当時は、親にがっかりされてしまったし

仕事の話はタブーだったし

夫にも「(金銭的に)先が不安だ」と言われまくる毎日だったし

「辞めて何するの?」と何気なく聞かれる質問に

 

「○○がやりたいんです!」と堂々と言えるだけの回答は私にはありませんでした、

 

 

ホントはそういう回答ができる自分でありたかったです。

 

 

けれど。

 

辞めて、個人事業主となって3ヶ月。

次々に、いろんな新しい風が巻き込んできています。

 

・ブログを介して出会った人とイベントを開催する

・前職についている人から「辛いです」と悩み相談を受けるようになった(何人も)

・ブロガー同士で企画ができそう

・ローカル(地域の人たちから)仕事をいただいた

・母や父に対して、仕事にまつわるわだかまりが消えた

・育児に対して、自分に対してイライラしなくなった

・体重減ってないのに「痩せた?」と何人にも言われる。ストレスって浮腫むの??

・ストレス無くなったら、食欲、消費欲が消えた。

・ストレス無くなったら、カチコチだった頭皮が柔らかくなった。

・お金がない事実とちゃんと向き合えるようになった(これは幸か不幸か。笑)

・ゆえに、自分でビジネスを作ろうという思考がよりリアルになった。

 

 

ザっと書き出してもこのくらい。

 

辞めて失ったこともあるけれど

フルタイムの仕事という生活の大きな大きな部分を占めていたものがポーンと無くなると

空いた隙間を狙ってきたかのように、

いろんな嬉しいことが入ってきたんです。

 

 

やりたいことがわからなくても、きっとその日はやってくる。

私は高校生の大学選びの頃から

「やりたいこと探し」をしてきました。

つまりもう10年以上もしてきたわけです。 

 

自分の人生をささげるくらい、強くやりたいことが見つかったら、

きっと今抱えている、いろんな悩みが全部吹っ飛ぶと本気で思っていたので

「やりたいことが見つかる」ことだけが救いでした。

www.hayabusacoffee.com

 

 でも、

やりたいことは見つからなくていい。

 

まずは、自分にとって「心地よい生活とは何か」を考えて

少しずつでも、実現していくことが一番だと思うんです。

心地よい生活を求める、

それだけにフォーカスすると

すこしずつ行動できるようになってきます。

やりたいことがなくても、

行動はできる。

 

 

「やりたいことが見つかる」のは

心に余裕があるときだけ。

忙しい今じゃない。

 

マラソンで42キロ走って

ぜえぜえ言いながら

ぶったおれそうになっているときに

「マキロさん!

今食べたいものはなんですか!!!

はやく!ほら答えて!!」と聞かれても

 

答えは

大好きなアイスでもパスタでも焼肉でもカレーでもお寿司でも無く

 

「水が飲みたい…

そして休ませて…」

となると思います。

 

必要なのは、心の余裕。

 

やりたいこと探しはそれからでも遅くないんだよ

昔の苦しんでいた自分に教えてあげたいです。

 

~関連記事~

7の女は、好きなことを仕事にできない

これからは個人ではなくチームの時代。ブロ友さんとイベントを企画していく中で見えてきたもの