hayabusacoffee

育児の制限を取っ払って、なにも持たぬ自分の「やりたいこと」を思い出してみる。

夫の仕事が、もう少ししたらひと段落しようとしているので、

「お疲れ様会どうしようか」と聞いてみた。

つまり家庭内打ち上げのことである。

 

夫の仕事は個人事業的な感じなので

プロジェクトが終わっても

チームで打ち上げ!とかがないので

家庭で「かんぱーい!」なり

外食なりをしている。

 

なので

今回もお疲れ様会と称した

ちょっとだけ贅沢な外食を「どこでする?」となったのだけれど

(ビュッフェとか、お寿司屋さんとか)

 

「マキロはどうしたい?」

と聞かれて、即答どころか

しばらく考えてもぜんっぜん「行きたいお店」の案が出てこなかったのだ。

 

ちなみに私は大の外食好きなので

本当ならポンポン候補が出てくるはずだった…!

 

 

なのに出てこなかった。

 

気づいたら色んな制限を抱えている

「好きなお店でいいよ」

「行きたいお店でいいよ」

と、一見自由に選べそうな場面でも

染み付いた

  • 子連れで行けるところ
  • 子連れでもストレスなく食べられるところ
  • 家族全員が食べられるもの
  • 移動手段や移動距離が楽な場所
  • お酒が無くても楽しめる
  • 時間は昼、もしくは早めの夜ごはん

といった制限が、

頭の中を占拠してる。

 

 

その制限たちを

一個一個丁寧に外していくと

私の「行きたい飲食店」って

  • 静かな個人経営のカフェバー

とか

  • お酒を飲みながらつまみを楽しむ店

とか

  • ビルの高層階とかの景観がステキなお店

とかだったりする。

 

 

「子育てしている自分」が行けないお店ばかり。

 

今がイレギュラーな時間だという自覚

それに気づいたときに

 

「行きたい飲食店が即答できない」自分も

「やりたいことがない」自分も

「どんな仕事をしたいのかわからない」自分も

 

欲求や野心が薄いのではなく

全て

“今、イレギュラーな状態だから”

と思うべきだな、と思った。

 

 

乳児幼児の子育てをしている時期は

ある限られた期間。

 

一人では何もできない赤ちゃん抱えていたら

自分の行動に制限かかりまくりなわけで

 

 

制限かかっている状態が

ず~~~~~っと毎日続いていると

それが当たり前になって

制限が外れた状態が

もはや思い出せなくなってくる。

 

 

「今はできないこと」の中に

行きたい店や、やりたいこと、叶えたい夢が潜んでいたとしても

気づけなくて

 

「自分の欲」とか

「こうしたい」

「ああしてみたい」が

どんどんどんどん埋もれて見えなくなっていく。

 

見えなければ見えないほど

育児はやりすいから(我慢しなくてすむから)

みんな率先して埋めていくよね。

 

名前を取り戻す

でもそれは別に不幸なことじゃなくて

制限を当たり前に受け入れるほどに

幸せなことが育児にはたくさんある。

 

だから「何も持たぬ自分の欲」は

率先して埋めていくのだけれど

 

千と千尋の神隠しみたいに

今いる世界に全部溶けないで

たまに

元々持っていた名前を、

元々もっていた

「何も持たぬ自分の欲」を思い出してみたいな、と思った。

 

結婚前に、出産前に、

夫と結婚する前の自分や

出産する前の自分に戻って

 

自分にとって究極の

「~~したい!」を今思い出してみると

 

 

あっつい、かけ流しの温泉に

1人でボーっと浸かって

湯上りにビールジョッキで飲みたいな~

とか

 

1人登山またしたいな…とか

 

 

 

あ、わたしって

わたしって

そういう人間だった、、

 

と思い出す。

 

f:id:hayabusacoffee:20190730234237j:plain

何度も登っている長野県の燕岳。

 

 

 

たまに名前を思い出してみると

本来の自分を取り戻した気分になるのでオススメ。

 

育児している自分が

本来の自分ではない、とは言わないのだけれど

 

たくさん我慢はしてるよね…

 

今日もみなさんお疲れ様です。

ここまでお読みいただきありがとうございました(*‘ω‘ *)

 

 

www.hayabusacoffee.com

www.hayabusacoffee.com

www.hayabusacoffee.com