はやぶさCOFFEE

2015年に出産した男の子「パンくん」との日々をつらつらと書いています。 hayabusacoffee@gmail.com

自分の時間が無い時こそ、休まずに、貪欲に。

11月前半が終われば

きっと楽になる

 

そう思いながら毎日を過ごしています。

11月は

仕事もプライベートも

ビッグイベントが満載で

 

●1年で一番プレッシャーのある自分主体のプロジェクト(仕事)

●1年で一番忙しい月である11月(仕事)

●義理の両親が2泊で我が家に泊まる

●義理の両親&叔父叔母含めた、息子パンくんの七五三(男の子3歳はやるやらない分かれるみたいですが、我が家はやることになりました)

●祖母の一周忌(帰省)

●祖父の七回忌(帰省)

●受付の仕事も含めた、先輩の結婚式

●家族旅行

 

といった感じ。

 

最後のは、めちゃめちゃ楽しみなんですけどね!

祖父母の一周忌も7回忌も

行けば良いだけなので、ノンストレス。

 

 

しかし!!

やはり義理の両親が絡むことや、

仕事関係は

イベント「1つ」の比重が大きすぎます。

 

 
f:id:hayabusacoffee:20171027220626j:image

雨が好きなパンくん

 

 

こんなときこそ本当にやりたいことだけを

 

みなさん、

忙しいときってどうしてますか?

身近な人が忙殺していたら

どんな、言葉をかけますか??

 

私はよく

「休めるときに、ゆっくり休んでくださいね。」

と言ってしまいます。

 

が!!

 

しかし!!

 

最近気づきましたが

 

忙しかったり、自分の自由な時間がなかなか取れないなら

なおさら

浮いた僅か~な自由時間は

 

ゆっくりダラダラ休むのではなく

 

貪欲に、「自分」を大切に。

貪欲に、やりたいことだけをやる

 

のが一番のリフレッシュな気がしてきました。

 

たとえ10分間でもいいんです。

むしろ1分間だけでもいいのです。

 

1分間瞑想法

1分間瞑想法

 

 ↑これ読んでから、隙あらば瞑想もどきをしています。笑

 

 

どんなに忙しくてもやってること

どんなに忙しくても、

大好きな「コーヒーを淹れる時間」は

集中して心を整えながら入れるようにしました。たかが3分程度。

もしパンくんがタイミング悪く泣いたとしても待っててもらいます。

 

 

どんなに忙しくても、

自分のトイレの時間だけは

「私はこの仕事のどんなところが好きで、どんなところが嫌なんだろう」と考える時間にしました。(2分程度です。)

仕事や生き方について考えるのが好きだからです。

 

 

どんなに忙しくても、睡眠時間を削ってでも

1週間に最低1~2冊は新しい本を読む時間をつくっています。

本を読むのが保育園児の頃から好きだったからです。

 

どんなに忙しくても、

たった5分でも

時短でもいいからメイクを集中して楽しみます。

メイクが好きだからです。(凝ってないけど。)

 

忙しさと、鬱は別物。

基本的に、忙しさや余裕のなさと鬱病的な精神の病は、イコール関係ないと思っています。

 

どんなに時間的にブラックな労働環境であっても、

そこに自分の意志や決断があったり、

自分を大切にできていたり、

自分が他者から尊重されていたら、

鬱にはならないのではないか、と思っています。

 

 

 

自分を自分で大切にしてあげることが一番。

それができて初めて、他者もケアできる。

 

そう思ってから

 

私も随分生きやすくなりました。

 

 

とりとめも無いですが。

殴り書きでした。

ランキング参加しています♪