はやぶさCOFFEE

2015年に出産した男の子「パンくん」との日々をつらつらと書いています。 hayabusacoffee@gmail.com

「そのグローバル教育で大丈夫?」を体感。私にしか書けなさそうな沖縄の良さ③

沖縄に初めて行って1番驚いたことは

働いている人も

暮らしている人も

観光に来ている人も、

海外の方の比率が想像以上に高かったことでした。

 

ホテルのチェックインの際には、

外国人のホテルマンに英語で接客され、

隣で、それまた外国人の方に日本語通訳してもらう、という、

 

私は外国にいるのかな?

不思議な気分になるほど。

 

日本のホテルに来たのだからと、勝手に

日本人の方に

日本語で

接客される気満々でいました。

 

パンくんの体調が芳しくなかったので

ホテルの周りをウロチョロするだけの観光をチョロッとしたのですが、

 

公設市場のある通りでは

中国語バージョンのラジオ体操の曲が流れていて

中国の方が店先にたくさん出てきて

ラジオ体操をしている。

そのど真ん中をてくてく歩く形に。

「日本じゃないみたい、、。」

 

ホテルだけでなく、

街中には英語、韓国語、中国語、

いろんな言語の表記で溢れていました。


f:id:hayabusacoffee:20170804094537j:image

グローバルな環境が、怖い。

沖縄(特に那覇市内)に行ったことのある方や、

意識が高い方は、そんなこと当たり前に知っていて

「え?知らなかったの?」という感じかも知れません(>_<)

知りませんでした。(’_’)

 

そんな、予想外のグローバルな環境に

私、どう感じたと思いますか?

 

 

「ちょっと嫌だな」

って思ったんです。

 

「居心地が悪いな」

って思ったんです。

 

 

 

日本の田舎に生まれ

日本が好きで

東京で暮らしているといえど、

東京の中の田舎だから、ご近所も日本人が多い。

留学もワーホリ経験もなければ

英語の勉強も好きじゃありませんでした、

外国人の人と話してみたい!と思ったこともあまり無く、、。

 

 

差別意識はないつもりですが、

興味関心が低く

日本の食べ物や物や人が好きで

できるだけ、それらに囲まれていたい、という気持ちがありました。

 

 

一昔前の人の思考ですよね、

沖縄に行って、予想外の経験をして、

「私はいろんな国の人が身近にいることに慣れていないんだな」

「慣れてないゆえに、怖がっているんだな」

と、

自分のグローバル感覚の低さに気づきビックリしました、、。

 

「そのグローバル教育で大丈夫?」

思い出したのは、こちらの本。

 

その「グローバル教育」で大丈夫?

その「グローバル教育」で大丈夫?

 

 小島慶子さんが好きなので

その延長で読みました。

内容はグローバル教育とはなんぞや?といったことはちょろっと。

どちらかというと「等身大の育児本」といった感じなのでオススメです。

 

「グローバル教育は、何も外国に行く事ではない。目の前の社会で多様性を発見できなきゃ意味はない。」

本に出てきたこの言葉を思い出しました。

 

沖縄の良さは、身近にグローバルな環境があること

私は身近に、セクシャルマイノリティの方や、発達障害など、障害を持つ方が何人かいるので、何らかのハンディキャップを持つ方への「恐れる気持ち」や「関わることへの気持ちの壁」が全くありません。

彼らの良さを沢山知っているからだと思います。

 

 

家でもそれに関わる話をしたり、書籍もたくさんあるので、

恐らくパンくんも、ハンディキャップを持つ方との共存は当たり前、という意識を自然に持ってくれるんじゃないかな?と勝手に思っています。

 

 

それと一緒で、

沖縄に生まれた子たちは

私がビックリした、グローバルな環境が当たり前の中で育ち、

その環境にいたるまでの沖縄の歴史を学び、

 

外国に行かなくとも、

グローバルは、多様性は、いまここにある

という意識を持ちやすいのではないか

グローバルな視点を持ちやすいのではないか??

と思いました。

住んでないから、ただの妄想ですが。

 

 

日本人に囲まれて育った私にとって

この沖縄の良さは、

ある意味ショックというか。

 

自分の中に

まだ多様性を認められない部分や(特に多国籍に対して)

多様性を恐れる気持ちが

たくさん残っていることに気づきました。(>_<)

 

 

英語教育?インターナショナルスクール?

グローバル教育?留学?海外旅行?

その前に。

 

私自身が、目の前にある社会の中に

多様性を見出して認めていかなきゃいけないなぁ

と、

一歩進んでいる沖縄を見て、省みました。

 

そして、こんな母親のもとで育つ以上

パンくんが自然にグローバルな人材になることは考えられないし、

意識的に、グローバルなものの見方ができる経験を積ませてあげないといけないなぁとも思ったのでした。。。。。

 
f:id:hayabusacoffee:20170804095054j:image

至る所にシーサー♡(*´д`*)

 

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。

 にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村