読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやぶさCOFFEE

2015年に出産した男の子「パンくん」との日々をつらつらと書いています。 hayabusacoffee@gmail.com

写真で振り返る夢の国。1歳児とGWディズニーランドの記録②

今日の記事では、ゴールデンウィークに行ったディズニーランド旅行を写真で振り返ろうと思います。

 

ブログをはじめてからというもの、

こうやって旅行やお出かけが終わった後、ちゃんと記事にすることで、振り返れるようになりました。

私は忘れっぽいので、そういう意味でもブログは大事な習慣かもしれません。

写真で振り返ろうディズニー

f:id:hayabusacoffee:20170506233153j:plain

乗換駅の東京駅では新幹線のパネルを発見して興奮したり、

舞浜駅では、私が「パンくんポーズとって!」と冗談で言いながらカメラを向けたら

座ってこっちを見て(・∀・)ニヤニヤするなど

だいぶ余裕のある息子のパンくんでした。

f:id:hayabusacoffee:20170506233555j:plain

 

しかし、

ディズニーランドのゲートをくぐり

入った瞬間、目がまん丸に。

降ろしても、歩き回る気は全くないようで

「がっこ。(抱っこの意)」「がっこ!」

パンくんは、もともとビビりなところがあるので

キラキラ夢の国ネズミ―ランドに完全にビビりまくっていたようです。

 

手持ち無沙汰な様子だったので

何かオモチャを手に持っていれば安心するかな?

と最初にワールドバザール(お土産売り場)に立ち寄ったのですがこのありさま。

f:id:hayabusacoffee:20170508204131j:plain

陳列するヌイグルミにすらビビり

へっぴり腰です。

 

しかし!!!!

そんなビビりなパンくんのもとに救世主が!!!!

f:id:hayabusacoffee:20170508204302j:plain

f:id:hayabusacoffee:20170508204355j:plain

ああトミカ様。さすがっす。

ディズニーのトミカコーナーを発見した途端

そこで初めて自発的に歩き出し、自分から手が伸びました。

 

もちろん買いました( ;∀;)笑

f:id:hayabusacoffee:20170508204545j:plain

 Amazonはやはり付加価値で高くなっていますが、現地では900円でした。(それでも普通のトミカの倍以上もするのね( ゚Д゚))

 トミカをゲットしてからは

だいぶいつものパンくんに戻りました。

f:id:hayabusacoffee:20170508205235j:plain

キャストのお姉さんに、初ディズニーおめでとう!のシールをもらったり

 

トゥーンタウンで、フリーの乗り物オブジェに乗って写真を撮ったりしました。

f:id:hayabusacoffee:20170508205333j:plainf:id:hayabusacoffee:20170508205413j:plain

今日だけちょっと特別ね、

なんて言い訳しながら

甘いもの(クリームチーズプレッツェル。皮の部分だけだけど)も食べたり・・・。

f:id:hayabusacoffee:20170508205546j:plain

 

さて、いきなり問題ですが

この顔は、何を見て怪訝な顔をしていると思いますか???

f:id:hayabusacoffee:20170508210149j:plain

初めて見る、まわるコーヒーカップ(アリスのティーパーティー)

カナリ衝撃的だったようで、

キャーキャー言いながら、人間がまわっている様子を、

ずーーーーーっと、じーーーーーっと見ていました。

 

全部が、全部、初めてだね。

f:id:hayabusacoffee:20170508210259j:plain

 

この後、

パンくんは「あまり並ばない」「3歳以下でも乗れる」「乗車時間がやや長い」という理由で

カリブの海賊と、ファストパス利用のホーンテッドマンション

というアトラクションに、立て続けに乗るのですが、

乗ったことある方はすぐ分かると思うのですが

完全なチョイスミスをしてしまい、パンくんにとってとても刺激的すぎる時間を過ごしました。笑(また別記事にします)

 

朝から刺激的な時間を過ごしたせいか

お昼寝の時間に、安心毛布を渡すとソッコーで爆睡。

f:id:hayabusacoffee:20170508210005j:plain

寝ている間は

職場へのお土産や、自分たちへの記念お土産を買いました。

記念お土産は、イベントグッズ(この時期はディズニーイースターでした)のウサギをお揃いで買いました。

f:id:hayabusacoffee:20170508210536j:plain

夫のチョイスです。(キモ可愛いがツボだった模様。)

f:id:hayabusacoffee:20170508211049j:plain

 

何をやっても爆睡しているパンくん。

我々も手持ち無沙汰になってしまいました。

なぜかというと、今回初めて知ったのですが

ベビーカーで並ぶことが、ほとんどのアトラクションで出来ないのです。

並ぶところから、ベビーカーでの入場は禁止。ベビーカーは外に並べて置いておきます。

なので、たとえば60分待ちのアトラクションに並ぶ場合、

たとえ11キロのパンくんでも、抱っこか、本人の足で立って待っていなければなりません。

 

寝ているパンくんを抱っこしたら、きっと起きてしまうだろうし

気持ちよさそうに爆睡しているところを起こしたくありません。

f:id:hayabusacoffee:20170508211439j:plain

という、私の気持ちをヨソに、いたずら好きの夫は、豚鼻にさせたり、ツンツンしたりしていましたが。。。。なおも爆睡。

 

そしたら

蒸気船マークトゥエイン号、という豪華客船もどきに乗るアトラクションは例外で、

「1階でしたらベビーカーのまま乗船できますよ!」と言っていただき( ;∀;)♡

パンくん寝たまま乗船!

出港までに起きるかな?????????

 

・・・・起きました。

f:id:hayabusacoffee:20170508211726j:plain

船はたのしかったようで、

グッスリ寝たこともあり、

ここからご機嫌モードがヒートアップ!!!!

船の上で歩き回るほどの余裕が出てきました。

 

ウエスタンリバー鉄道は予想通り、電車好きのパンくんは大はしゃぎ!!!!

f:id:hayabusacoffee:20170508211853j:plain

順番待ちの間から、

見える列車を見て楽しんでいました。ウエスタンリバー鉄道は、私自身も初めてだったのですが

これ、すっごくよかったんです!!!!

乗っている時間も長いし、コースも充実しているし、「このことは他の人には内緒だよ」と言われるゾーンがあるのですが、その秘密のゾーンもまた知らなくて。

とても充実していました♡ 電車好きの子には言わずもがな、キッズにオススメなアトラクションでした。

 

昼食は、事前予約していたクリスタルパレスレストランで

ビュッフェを食べました。お値段は大人3000円とやや高め??かな???といった感じですが、

予約できる系、ちゃんと食事できる系レストランの中では一番安いし、ビュッフェなのでお腹いっぱい食べれて、息子のパンくんも食べられるものをチョイスできるので、結果的にはコスパ良かったかな、と思いました。

f:id:hayabusacoffee:20170508212450j:plain

 

クリスタルパレスは以前も利用したことがあって、

味も、他のお店よりおいしい気がするし、何より混雑日に「並ばなくて済む」のは大きいです。

事前予約は面倒ですが(しかも私は前日までの予約を忘れて、当日に予約したので3時半という酷く微妙な時間になってしまった、しかしそれでもよかったと思える。)

f:id:hayabusacoffee:20170508212530j:plain

パンくんは、このシートのおかげでミッキーを覚えました(*^-^*)

 

3時半の、昼食兼夕食を食べ終わったら5時。

その後、アスレチック系の「スイスファミリー・ツリーハウス」で遊び

いついっても必ず並ばず入れるショー「スティッチの魅惑のチキルーム」を観て、

 

少し早いですが、パークを後にしました。(本当は、まだ見たことが無い、プロジェクションマッピングの夜のショーとやらを観たかったんだけど、夫が疲れてしまっていた( ;∀;))

 

子どもの記憶に残らなくても。

今回のディズニーは、頂いたチケットの期限が迫っていたから

という理由が大きく、もしそのチケットが無ければ

「あんな混んでいるところに、わざわざ」とか

「1歳の子連れて行っても、楽しめないんじゃないかなぁ」とか思って、きっと行かなかったと思います。

 

たまに「幼児連れて、ディズニーなんて、記憶に残らないのに。」と言う人もいますが(ディズニーに限らず、旅行なども含めて)

その気持ち、すごくわかるし、もっと強い意見の方なんかは「親のエゴ」とすら言うようです。

 

行ってみてわかりました。

うん、親のエゴです。

多分、パンくんは近所の公園のほうが安心してニコニコ楽しめたと思います。

刺激も強すぎたと思います。

天気も良すぎたので、暑かったかもしれません。

おうちでゆっくり、のほうが良いGWだったかもしれません。

 

 

でも、目をまんまるくして、アトラクションを見つめるパンくんや

びっくり!

怖い!

なんで?

どうなってるんだろう。

なんだあれは!?

 

普段見たことのない、パンくんの姿に、

私や夫はドキドキして、きゅんきゅんしました。

 

これに乗ったらパンくんどんな表情するのかな

キャラクターに会ったら怖がるかな

あれ、絶対パンくん好きだよね!

と予測したり

 

最後の最後、帰る直前で、なぜかトイレの前でクルクル回って踊るパンくんに

「今更テンション上がってきたんかーい!」と夫婦で笑ったり。

 

親のエゴでした。

とても満足させてもらいました。

 

パンくん付き合ってくれてありがとう。

 

 

次回は、チョイスミスしたアトラクションの失敗談と、

カメラセンターでの現像が穴場だった、という話を書き留めたいと思います。

ランキング参加しています(*^-^*)

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村 

www.hayabusacoffee.com