読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやぶさCOFFEE

2015年に出産した男の子「パンくん」との日々をつらつらと書いています。 hayabusacoffee@gmail.com

セレブママごっこのはずが、通りすがりのママさんに八つ当たりした話

最近、個人的に「セレブママごっこ」が流行っています。

やり方はごく簡単で、「セレブママ」のつもりになって行動するだけです。笑

やり始めたのは、通ってる整体院のスタッフさんに「抱っこやベビーカーを押す姿勢は前傾姿勢になりやすいから、猫背や腰痛の原因になるんですよね~」と言われたことがキッカケでした。

 

そう言われ、ショーウィンドウにうつる自分の姿勢を見ると、やはり猫背気味。

ベビーカー押したり抱っこ紐で抱っこしてると、

整体師さんのいう通り、前へ前へ肩が出てしまうんですよね。

そのシルエットは原始人のようでした。

f:id:hayabusacoffee:20170303124758j:plain

 

やっぱり綺麗なママでいたい気持ちはいつもどこかにある

原始人シルエットの自分に気づいて

姿勢に気を付けて、ちゃんと腰を使って歩くようにすると、ちょっとモデルウォークっぽくなるんですよ。

「あれ?なんか私、ちょっと『キチンと感』でてるんじゃない!?」

姿勢をシャンとするだけで、なんだかちょっと、カッコイイママっぽくなりました(自分比。笑)

 

それをちょこちょことやっていたら、

高校生くらいのときに読んでいた「憧れの人に、なったつもりで行動すれば、その人になれる」といった類の本を思い出しました。

 こういう本です↓

世界一! 愛されて幸福になる魔法のプリンセス レッスン (PHP文庫)

世界一! 愛されて幸福になる魔法のプリンセス レッスン (PHP文庫)

 

 ちょっと、アラサーの今の私が紹介するには気恥ずかしいタイトルですが(世界一愛されて幸福になるってスゴイな)

忘れていた「女の子」の気持ち

キラキラやふわふわに憧れる気持ち

を思い出させてくれたり、

(お姫様扱いするように)自分で自分をもてなすこと

プリンセスになったつもりで行動すること

がいかに大事か~みたいなことが

可愛くキラキラに書かれているので、なんか元気になれる本です。

 

そんなこんなで

セレブごっこならぬ、「なったつもりで行動」

ちょっとセレブママぶって、ちょっといいお皿にちょっといいお茶菓子乗せて、ちょっといい紅茶なんかテーブルセッティングすると

いつものパンくん昼寝の間のティータイムが優雅になったりしました(自分比)

 

セレブママが、他のママに八つ当たりした。

今日も、ちょっとセレブママごっこしながら歩いていました。

 

気分はセレブママ~なだけなので

別に服も髪型も靴もいつもどおりヨレヨレですよ。

でも背筋だけは伸ばして

シャンとして駅から自宅までの道を歩いていたんです。

 

優雅に?ゆったりベビーカーを押しながら歩いていたら

後ろから同じくベビーカーを押している見知らぬママさんが

私とパンくんを追い抜いていきました。

 

細くて、スタイルが良くて

服も、嫌味が無い程度にオシャレで綺麗にしていて

髪型もちゃんとヘアアレンジしていて

 

そんなママさんを見ながら「わたしは『ごっこ』だけどちゃんとしてる人はちゃんとしてるんだな~」とか

「あのくらい細くなりたいなぁ~」

「ダイエットやっぱりしようかな~」

「あの鞄かわいいな、どこのやつだろ?」

とか思いながら後ろを歩いていたんです。

 

そうしたら

ママさんが途中で、ベビーカーの幌を直す?ために止まって

何かごそごそしていました。

すぐ後ろを歩いていたので、普通に私とパンくんは、ママさんを追い抜かして自宅へと向かいます。

 

猫背にならないように!

骨盤を意識してあるく!

アゴは突き出さず、引いてね!

セカセカせずに、余裕をもってゆったり散歩を楽しむ気分で♪

 

私のセレブごっこは続きます。

 

 

そしたら、さっきの素敵ママさんが、

再度、私たちを追い抜いて、前を進みました。

どうやら帰路が一緒だったようです。

 

「追い抜かれて、追い越して、追い抜かれて」ってあんましない経験だなぁ

とはちょっと思ったんです。

私そんなに歩くの遅かったかな?とか

私だったら、追い抜いて、追い越されたら、さらに追い抜くことはしないだろうなぁとか

どーでもいいことを思っていました。

 

駅からずっと道が一緒だけど、

あの素敵ママさん、家まで近かったりして。

 

と思ったら、分かれ道で素敵ママさんは別方向へ進んでいきました。

 

「あの道なら、先にあるキレイ目なマンションとかに住んでそうだな」

あんな感じのママさんになりたいなぁ

と思いつつ、セレブごっこしたまま

私は自宅へと歩き進もうとしました。

 

その時です。

 

私のすぐ横で、自転車に乗ったサングラスのオバ様が止まりました。

あのー、失礼ですけど・・

 

スカートめくれてますよ。(*^-^*)ニコ

 

 

 

(゜o゜)(゜o゜)(゜o゜)(゜o゜)

 

スカートめくれてますよ

スカートめくれてますよ

スカートめくれてますよ

 

すかー・・・・・・

 

 

 

め、めくれてたぁぁぁあああああああああああああああああああ

 

お気に入りの横かけバックによって引き上げられ、

私のスカートは太股のきわ(むしろ、おケツの下あたりまで)までめくれていました。

しかも間抜けなことに、右側だけ。(いや、全開よりマシか。)

80デニールのユニクロタイツだから、下着までは見えていない。

いやいやいや、しかし!!!!!

 

いつからだ|д゚)

おい、いつからだよ

いつからだったんだ

誰か教えてくれ

 

 

一回頭が真っ白になってから

サングラスのオバサマに感謝し、

 

羞恥心で今度は顔が真っ赤になりました。

恥ずかしい。

 

なんだこれ

恥ずかしい。

セレブごっことかホントにバカみたい。

いつからめくれてたんだろう。

 

え、じゃぁさっきの素敵ママさんは??

あなたの真ん前わたし歩いてたんだから、絶対気づいてたよね?よね?????

・・・言ってよ!!!!

と、

完全に理不尽ながらも脳内で八つ当たりしてました。

脳内だから許してほしい。

でも次また同じ場所で再会したら、恥ずかしすぎる。

 

 

この私のみじめな気持ちが伝わるでしょうか。

 

全身ユニクロ系なのにもかかわらず

セレブママごっこして

ちょっと良い女っぽく歩いていたら

リアルセレブ(とまでは言わないがキレイ目な)ママに出会い

羨ましくも、「私は私よ」とばかりに、セレブごっこ続けていたら

太くて醜い、太ももと半ケツを世に晒していたという事実に気づく惨めさを( ;∀;)

しかもそれを素敵ママにスルーされた(かもしれない)ことに気づく虚しさを(;_:)

 

 

素敵ママは

「めくれてますよ」と教えてあげたいのに、言え出せずに「追い越し追い越され」をしていたのかもしれない。

うん、きっとそうだ、絶対そうだ。

 

素敵ママは

最後まで気づかずに家に着いた方が、同じママから指摘されるより幸せかも、と思ったのかもしれない。

うん、きっとそうだ、絶対そうだ。そういう気遣いのできる人だったんだ。

 

 

八つ当たりしてごめんなさい。

 

励ましのランキングクリックしていただけたら泣いて喜びます。↓

いつもありがとうございます。

 にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村