読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやぶさCOFFEE

2015年に出産した男の子「パンくん」との日々をつらつらと書いています。 hayabusacoffee@gmail.com

「あの子といると、責められている気がするの。お前はダメな母親だって。」

f:id:hayabusacoffee:20170227132125j:plain

ドラマは火曜10時の「カルテット」と

金曜10時の「お母さん、娘をやめていいですか?」の2つを

録画して見ているマキロです。

 

この「お母さん、娘をやめていいですか?」は

なかなか私にとって衝撃的なドラマでした。

 

公式HPからあらすじ引用します↓

 娘、早瀬美月(波瑠)25歳。母、早瀬顕子(斉藤由貴)50歳。美月の中学受験や大学受験、就職の時もいつも二人三脚で頑張ってきた。
美月は完璧な母のサポートで順調に育ち、今は女子高の英語教師となり、母であり一番の親友である顕子を全面的に信頼していた。
二人はまるで恋人同士のように仲の良い母娘だった。この母娘の密着を父、浩司(寺脇康文)は気にかけていたものの、仕事一筋で二人の関係に踏み込むことができないでいた。そんなとき、新築中の早瀬家を担当するハウスメーカーの松島(柳楽優弥)が、不思議な人懐っこさで二人と親しくなる。顕子は彼を気に入り、美月とつきあうように背中を押すが、美月は松島と会うことで、自分が無意識に母親の顔色を見て生きてきたことを自覚していく。顕子は娘が次第に変わり、自分から離れて行くことに動揺し、自分の一番大切なものを奪われたくない、と次第に心の奥の危険なスイッチが入っていく。そして、ついに松島を誘惑してしまう―

お母さん、娘をやめていいですか?|NHK ドラマ10

 

高校生になってもそう思うのか、と愕然とする。

さて、

タイトルのセリフは、本編とは少し離れたサイドストーリー的に描かれている

(主人公美月の勤務する女子高の)

生徒の保護者のセリフです。

 

この母親は、何かあるごとに女子高生である娘を叱責し

キツく当たってきました。

その一方で、離婚した元旦那に会いに行こうとする娘を

本気で殴ったり、

娘が活躍している文化祭を見に来校するなど(結局悪態ついていたが)

「娘のことが気がかり」

「娘に傍にいてほしい」

といった一面も、のぞかせていました。

 

「あの子といると、責められている気がするの。お前はダメな母親だって。」

ずっと素直になれなかった親子が

ある事件をキッカケに、自分の素直な気持ちを吐露し出すのですが

その時に母親の口からポロッと出た言葉がこの言葉でした。

 

 

このセリフが出たときに

私がすごぉぉぉぉぉぉく思ったことは

「え!!!まだそれ言うんですかーーー!!!!!!( ;∀;)」

ということでした。。。。

 

・泣かれると責められてる気がする

・ずっとギャン泣きされると「お前はダメな母親だ」って言われてる気がする

 

これは

乳幼児育児あるあるだと思っていました・・・。

赤ちゃんの泣き声がストレスにならない方法を本気出して考えて、きた。 - はやぶさCOFFEE

 

泣かれていても、要求がわからないからツライ

言葉でコミュニケーションとれないから、わからなくてツライ

子供自身が、「なんで泣いてるかわかんなくなっちゃった」状態で泣き続けているから解決しようがない

 

かーらーのー

 

「一緒にいると、責められている気がする」

「お前はダメだと言われている気がする」

という、半ば被害妄想的な自己嫌悪は

子の成長とともに和らいでいくものだと思っていました。( ;∀;)

 

高校生の母になっても

今と同じことを思う可能性は大いに有り得るのだと知って、

 

また、この記事を書きながら

「自分が高校生のころを思い返したら、今の息子のように要求や気持ちを(恥ずかしくて素直には)言えなかったときもあったな」と思い出して

 

育児は、長い道のりなんだな、

と愕然しつつ、なんか変な覚悟が生まれました・・・・(´・ω・`)

 

はぁ、

しかもうちは男の子だし

 

できれば早めに子離れして、

あまり多大なLOVEを押し付けない母になりたいものです(現在絶賛パンくんラブな私)

 

同じ月齢の子を持つ方のブログランキングに参加しています。

励みになるのでクリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村