はやぶさCOFFEE

2015年に出産した男の子「パンくん」との日々をつらつらと書いています。 hayabusacoffee@gmail.com

続?支援センターに行きたくなってきたかも… でも…

支援センター支援センターうるさいよ!!

ってくらい、私のブログに出てくる「支援センター」。笑

 

私自身が、出たがりなんですよね、多分。

出産前なんかは、1年間365日、1度も外に出なかった日は

多分ないんじゃないか、ってくらい

風邪ひいていても、台風でも、何かに理由つけて

最低、最寄りのコンビニに出かけていました。

 

 

私=出かけたい

パンくん=遊びたい

=支援センター!

 

みたいな図式だったんですが。

 

 

 

 

夏休み、帰省などお出かけが多かったので

今日は夏3回目くらいの支援センターでした。

 

3回目。

 

1、2回目の時にも、「おや?」とは思ったんですが

パンくんが、とにかく他の友達の持っているものを奪おうとする

ことが増えました。

 

 

そして、今日にいたっては

支援センターには全体のお遊戯TIMEも含めて2時間いたんですが

その2時間の殆ど、パンくん強盗出没しまくりでした。ってゆーかずっと強盗してた。。。。てゆーか恐喝?ラグビー? 力ずくで奪いに行っていました。

 

 

 

必要な過程

よくあること

どの子も通る道

 

優しいママさん

支援員さんに

優しい言葉をもらって

すごく嬉しかったです。

 

でも・・・

 

他のママさんが

「こら、一緒に遊ぶの!」(我が子に)

「赤ちゃんなんだから優しくしなさい」(我が子に)

「パンくん、これはどう?」(わざわざよく似た代替品を出してきてくれる)

優しくしてくれればしてくれるほど、

申し訳なくなり、

何より、1歳後半~2歳くらいの男の子たち

(パンくんはこの年代のおにいちゃんたちが好きなのか、とにかく、ちょっと年齢上のところへ突撃します。。。)

「(相手は)小さい子なんだから(壊されても奪われても)我慢しなさい」的なことを言われている姿

 

 

ゆーても

大切に遊んでいるもの奪われたり

泣く泣く大切なオモチャをパンくんに譲ってあげて

代わりのもので遊ぼうとしたら、その代わりのものにさらに飛び掛かられる、(パンくんは物が欲しいんじゃなくて、先輩が遊んでいる物が気になってしょうがないという終わりのないタイプ…)

 

 

そんなことをされて

さらに母親に注意されたら

たまったもんじゃないよな・・・と思い。

 

 

さらに、自分が逆の立場だったら、(2歳児の母親)

きっと、そうする・そう言うしか手段がないし

でも、きっとそっちのお母さんだって、

子どもの笑顔が見たくて、支援センターきてるんだろうな

って思ったり。。。。

 

 

 

 

 

そう。

私だって

こんなに支援センター!支援センター!言って

行きまくっていたのも

支援センターや子ども広場に行くと

 

パンくんの目がキラキラして

家の3倍くらい動いて

ニッコニコしながら友達と遊ぶから

 

でした。

f:id:hayabusacoffee:20160902213923j:plain

 

 

誰だって、子どもの笑顔が見たいよね・・・

私もそう、他のママさんたちも。

 

 

 

でも、今日、パンくん

ぜんっぜん笑わなかったんです。

親バカですが、よく笑う子でして

2時間いて、一瞬も笑わなかったのは今回が初めてでした。

 

 

やりたいことを見つけて、触りたいものを見つけて

そこを目指して行っても

大好きなお友達に「ダメ!」「ぼくの!!」と怒られ、

いつも邪魔しない私に「それは友達使ってるよ」と止められ

欲しくもない代替品を渡され、

泣きはしなかったものの、きっと脳内「文句垂れ蔵くん」だったのだと思います。

 

 

でもさ、

私だって私の立場があるんだから

ラグビーのように

果敢に奪いに行く君を、止めずに応援してはいられないの( ;∀;)!ごめんね。そして奪われ続けたパンくんの憧れの先輩(2歳児のRくん)も、本当にごめんね。

 

 

 

そんなときに

hayabusacoffee.hatenablog.com

 過去記事で

今回と同じように、支援センターで

むーーーーん、となることが起きたよって記事で

いただいたコメントを思い出しました。

 

 

 

惰性で

なんとなく暇あらば支援センターや子ども広場に行っていたけど

「パンくんも私もそんなに楽しくないなら、一時的にお休みしよう」

「パンくんが楽しそうだから行っていたけど、今は好きに遊べる家の方が楽しそうだな」

と、すぐに思えたのでした。

 

 

 

 

あと、

今回改めて自覚したのですが

多分自分の中で

「保育園に行っている子は(遊びや友達に)恵まれている」

「同じ年齢で保育園に行っている子もいるのに、パンくんは友達が好きなのに、家の中で私と2人ぼっち…」

って思っているところがあるようです。

 

「0歳のうちから保育園に入れるなんて、ママから離されるなんて、可哀想。」

ってゆー台詞のほうがよく聞く話なのに

なぜかそこは、私逆行しているんですよね・・・

 

 

「○○だから可哀想」なんてきっとないはずなのに。

家の中で2人ぼっち、でも楽しくできる方法はあるのに。

 

母親である私と、ずっと一緒にいられる幸せだって、きっと・・・・ある・・・よね???

 

 

 

ゆる~~~く

広い視野で

柔軟に

物事を見られる人間でありたいなぁ

と目標は昔からあるのに

 

 

そのたびに

自分の中にある、凝り固まった考え・偏見に気づくことがよくあります。

 

 

ブログのおかげで整理できているところは大きいですね。いつも読んでくださりありがとうございます。

室内遊び極める月間(九月)にチャレンジしてみようかな!♡

 

 

ランキング参加しています♪

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村