読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやぶさCOFFEE

2015年に出産した男の子「パンくん」との日々をつらつらと書いています。 hayabusacoffee@gmail.com

じいじ見知り!?息子に、じいじ君についてご説明させていただきました。

 夫が旅行に出ておりまして。。。

土日にまた二人っきりも寂しかったので

パン君と私は、私の実家に帰省してきました!

f:id:hayabusacoffee:20151205204554j:plain

さぁ行くぞ!

とパン君を抱っこひもに入れた瞬間に

「ぶぶぶ~~~~~!」

豪快にうんちくんをしたパン君。

 

 

パン君。。。。新しい服を着ていたのに

おむつも下着もロンパースも総とっかえの大洪水!!

 

 

 

 

予約発券してある列車の時刻に間に合うか!?

筋肉番付「SASUKE」なみに

時間との闘いでした。

・・・なんとか乗れました。

 

 

f:id:hayabusacoffee:20151205210756j:plain

平日だから空き空き♪

 

タイトルにも書いたのですが

今回の帰省で じいじ見知り?を思いっきりしたパン君。

 

最初に抱っこしてもらった途端

「うわぁぁぁ~~~~~ん!」

 

右を向いて指しゃぶりしていて、ふと左を向いたらじいじがいて

「うわぁぁぁん」

 

お風呂に入れてもらう時に

「うわあああああああん!!!」

 

 

 

新生児のころからじいじは

パン君を溺愛してくれており

お風呂はもちろん、抱っこもオムツも寝かせつけも、お手の物。

おっぱい以外はできるんじゃないか!?ってくらい。

 

パン君、あんなにお世話になった恩を忘れたの!?!?

 

 

 

でもですね

パン君が泣く理由もわかるのです。

 

 

じいじ、

声がデカイんですよ。

 

 

 

ってゆーより、私と夫の声が、小さすぎなんだと思います。

 

夫「~~~~~~~って~~~なんだよなぁ」

 

私「(聞こえない)え???」

 

夫「だから~~~~~~って~~~なんだよなぁと思って」

 

私「あ!~~~~ね。~~~~~~だからじゃない??」

 

夫「え???」

私「え??」

 

 

 

おめぇらがジジババかい。

みたいな。

 

 

 

そんな静かな声の中で日々過ごしていて、かつ

健診や予防接種、街中、支援センターなどで

話しかけて来てくれるのは、だいたいお姉さんやおばちゃん

 

 

声の大きな、おじさんの声っていうのは

身近にはじいじしかいないのです。

つまりパン君にとっては殆ど慣れていない声なのです。

 

 

 

パン君のことが大好きで大好きで仕方ないじいじ。

の声に怯えるパン君。

 

もう見てらんない!と思って

じいじの隣に行き、パン君をひざの上にチャンコさせ、

 

「パン君、説明が遅れてごめんね、

ここはおじいちゃんとおばあちゃんの家だよ。

この人はパン君の『おじいちゃん』だよ。パン君は覚えてないかもしれないけど

生まれたての頃はいつも一緒にいたんだよ。たくさん遊んでもらったんだよ。」

 

と、パン殿にじいじ君のご紹介をしました。

 

 

何言ってるんかわからないだろうけど、

私が、熱心に「ご紹介」している姿を見て

彼は彼なりに納得したようです。午後にはニコニコ抱っこされるようになりました。よかったぁ。。。。。

 

 

でもしつこく

お風呂に入る時も

「今日はお父さんじゃなくて、おじいちゃんとお風呂に入るんだよ」

 

寝る時も

「いつもと違うお部屋だけど、パン君は今日ここでネンネするんだよ、ねんねんだよ」

って、お部屋もご紹介しました。

初日は夜泣きましたが。。。。

 

 

 

半分遊びで?物は試しだ!的な感じで、

小学生に説明するように言葉で説明しましたが、

なんか、これはパン君にとって、とっても重要なようでした!!!!

 

 

 

 

「赤ちゃんは、大人が思っているよりずっと賢い」

 

って聞いたことがありますが、

それをなんとなぁ~く実体験した日でした。

 

 

ご説明作戦、今の所アリ!です。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村